ここから本文です

「色々あった」、それでも最後はバルサ愛を貫いたマスチェラーノ

フットボールチャンネル 8/5(金) 21:40配信

 この夏、バルセロナからの退団が有力視されていたハビエル・マスチェラーノが、今、同クラブでプレーを続けることに喜びを感じている。3日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 コパ・アメリカでの激闘からのバカンスを経て、再びチームに合流したマスチェラーノ。移籍市場を騒がせていたことについて「嘘はつきたくない。正直、色々なことがあった。誇張され、大げさにされた部分もあるが」と述べる。

 そして、「シーズンが終われば常にこうした話は重要で、特に私の年齢になれば尚更のことだ。私はクラブに役立っているのか、クラブが私を欲しているのか、問題を提起してみた」と32歳のアルゼンチン人は打ち明け、「クラブには感謝している。クラブが私を信用し、私に満足し、そして私がまだチームに貢献できると思ってくれていることがうれしい」と続けた。

 「今はシーズンに向けて、100%集中している」と述べるマスチェラーノは、多くの障害を乗り越え、バルセロナで7年目のシーズンを迎えることを選択した。雨降って地固まるといったところだろうか。やはり、今季もバルセロナのDFラインに彼の存在は欠かせない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/5(金) 21:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。