ここから本文です

【J1展望】大宮×福岡|相性では大宮が断然有利。両サイドの攻防がポイントか

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 17:00配信

大宮――家長、菊地の復帰で勝利だけを目指す!

J1リーグ2ndステージ・7節
大宮アルディージャ – アビスパ福岡
8月6日(土)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
2ndステージ成績(6節終了時):11位 勝点6 1勝3分2敗 5得点・6失点
年間成績(23試合終了時):8位 勝点32 8勝8分7敗 22得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●家長と菊地のスタメン復帰が濃厚。
●トレーニングでは選手同士の距離感の調整に尽力。
●チーム最年長の播戸が37歳の誕生日を迎えた。
 
【担当記者の視点】
 前節・神戸戦に敗れて(●0-1)、今季2度目の連敗。そのため今節は、なにがあっても勝点を積み上げたいところ。さらに相手は年間勝点で最下位の福岡のため、ホームでの取りこぼしは絶対に避けたい。
 
 朗報なのは主軸である家長と菊地が負傷から復帰したこと。先発出場が濃厚で、彼らの力を組み込みながら戦い方を整理することになる。
 
 ポイントは、攻守ともに選手同士の距離感をいかに修正できるか。現在、攻撃ではパスの出しどころが少ないことでテンポが生まれず、守備では前線からのプレッシャーが機能しづらい状況になっている。
 
 いずれもチーム内の意思統一を図って解消したい。好調時は攻守両面で的確なポジショニングができていただけに、良かった部分を思い返しながらレベルアップする必要がある。
 
 福岡とはJ2時代の昨季から3回対戦し、3連勝中。相性の良さを生かし、連敗ストップと第2ステージ2勝目を目指す。

福岡――関東在住のサポーターの力を借りて…。

J1リーグ2ndステージ・7節
大宮アルディージャ – アビスパ福岡
8月6日(土)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
アビスパ福岡
2ndステージ成績(6節終了時):13位 勝点5 1勝2分3敗 6得点・10失点
年間成績(23試合終了時):18位 勝点16 3勝7分13敗 17得点・35失点
 
【最新チーム事情】
●サポートメンバーとしてリオ五輪日本代表に帯同していた冨安が帰国。翌日からフルメニューに参加し、時差ぼけを感じさせないプレーで大宮戦出場へアピールした。
●コンディション不良のダニルソンは別メニュー調整が続く。大宮戦出場は難しいか。
●ウェリントンは徐々に調子を上げる。前節・仙台戦は5分間だけの出場も、今節は長い時間プレーすることになりそう。
 
【担当記者の視点】
 主導権を握り、逆転ゴールまであと一歩に迫った前節・仙台戦。だが、決め手を欠いてドローとなり、勝点1を積み上げたと言うよりも、勝点2を失った感が強い。それでも、選手たちは前向きの姿勢を崩さない。
 
「勝たなければいけない試合だったが、それを言っても仕方がない。今は勝点を積み上げなければ始まらない状況。この勝点1を、どれだけ貴重なものにできるかどうかは次のゲーム次第」と三門は話す。
 
 トレーニングで重点が置かれたのは、ゴール前の攻防だ。課題となっているフィニィッシュの精度を上げるために、ラストサードでのコンビネーション、クロスボールに対するゴール前への入り方などを念入りに繰り返した。
 
 今節の対戦相手である大宮には、昨年から1度も勝てていない。勝利へのポイントは両サイドの攻防だろう。井原監督は「能力の高い選手が揃っているが、怪我人もいてやり繰りに苦労している様子も窺える。その隙を突いていきたい」と語った。
 
 この試合には関東在住の福岡出身者が多く駆けつけるはず。その力も借りて、昨季からのリベンジを果たして、歓喜を届けたい。

最終更新:8/5(金) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。