ここから本文です

ポグバとストーンズに続くのは? 移籍市場後半戦の主役候補!

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 6:00配信

ポグバのマンチェスター・U移籍が成立なら今夏最大の衝撃に。

主役候補1
ポール・ポグバ
(MF/ユベントス/フランス代表)
生年月日:1993年3月15日(23歳)
現行契約満了:2019年6月
推定市場価格:7000万ユーロ
噂される主な移籍先:マンチェスター・U、R・マドリー

2016年夏のメルカートで新天地を求めた主な選手たちを移籍写真で紹介!

 その才能に惚れ込む同胞ジネディーヌ・ジダン監督の要望もあってR・マドリーもまだ諦めていないようだが、すでに古巣マンチェスター・Uが個人合意済みで、残るはユベントスとのクラブ間交渉のみ。

 移籍金はサッカー史上最高額の1億2000万ユーロ(約144億円)に上ると報じられる。その金銭面はもちろん、マンチェスター・Uが4年前にタダで手放した選手を新レコードで買い戻すというストーリーを含めて、ディール成立なら今夏最大の衝撃が走るに違いない。


主役候補2
ハメス・ロドリゲス
(MF/R・マドリー/コロンビア代表)
生年月日:1991年7月12日(25歳)
現行契約満了:2020年6月
推定市場価格:7000万ユーロ
噂される主な移籍先:マンチェスター・U、パリSG

 代理人は当代屈指のジョルジュ・メンデス。同じくその顧客であるジョゼ・モウリーニョが新監督に就任したマンチェスター・Uは、R・マドリーで控えに甘んじるこのレフティーに早くから興味を示し、実際に6500万ユーロ(約78億円)を提示したと言われている。

 しかし、当初は売却に前向きだったジダン監督が、クリスチアーノ・ロナウドが怪我で出遅れたため考えを改め始めている模様。さらに本人も残留を強調する。ただ、マドリーにとって絶対に不可欠な戦力とは言い難く、今後の補強次第では売却される可能性は否定できない。マンチェスター・Uに加え、ズラタン・イブラヒモビッチに代わる新たなアイコンを求めているパリSGは、虎視眈々とチャンスを窺っている。


主役候補3
ジョン・ストーンズ
(DF/エバートン/イングランド代表)
生年月日:1994年5月28日(22歳)
現行契約満了:2019年6月
推定市場価格:2800万ユーロ
噂される主な移籍先:マンチェスター・C、マンチェスター・U、チェルシー

 エバートンの要求額は一貫して5000万ポンド(約70億円)だ。この巨額を用意できるクラブは限られており、新シーズンはチャンピオンズ・リーグ出場権を持たず収入減を強いられるチェルシーは苦しい。移籍先はシティとユナイテッドのマンチェスター勢に絞られたと見ていいだろう。

 現時点で争奪戦をリードしているのはシティで、ジョゼップ・グアルディオラ監督が交渉の事実を認めたうえ、本人もこの戦術家の下でのプレーを希望している。仮に5000万ポンドでの移籍が成立すれば、イングランド人選手、そしてDFの史上最高額を更新することになる。

 

1/4ページ

最終更新:8/10(水) 0:50

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。