ここから本文です

【速報】日本 4-5 ナイジェリア|日本敗れる…。鈴木がアディショナルタイムに1点を返すも及ばず

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 10:02配信

終盤まで粘りを見せるも及ばず。

 リオ五輪の日本の第1戦、ナイジェリア戦が現地時間の8月4日21時(日本時間同5日10時)に行なわれ、日本は4-5で黒星スタートとなった。

【日本4-5ナイジェリア|採点&寸評】堅守の手倉森ジャパンはどこへ…。自滅で最も大事な初戦を落とす



 日本のスタメンは、GKに櫛引政敏を起用。DFは右サイドから室屋成、塩谷司、植田直通、藤春廣輝。中盤はアンカーに遠藤航、インサイドハーフに大島僚太、原川力を起用。3トップは右から南野拓実、興梠慎三、中島翔哉という顔ぶれ。

 日本は開始3分、左サイドを駆け上がった藤春が中央へクロスを送ると、大島が右足ボレーを放つ。相手GKに阻まれたものの、決定的なチャンスを作り出した。

 しかし6分、日本は左サイドを破られ、こぼれ球をサディクに押し込まれて先制点を許す展開に。

 それでも、日本はすぐさま追いついてみせる。9分、興梠の粘りから大島、南野とつなぐと、DFのエリア内でのファウルを誘い、PKを獲得。これを興梠が決めて同点とする。

 早々に点の取り合いとなった試合は、ここからさらに怒涛の展開に。11分、ナイジェリアが再びエテボのゴールで勝ち越すと、13分に日本は南野が抜け出し、GKとの1対1を股抜きシュートで制し、同点に追いついた。試合は2-2の同点となっている。

 日本は24分、左サイドを攻略。中島が切り返しからシュートを放ったが、惜しくもDFにブロックされた。 逆に30分、日本は再び左サイドを破られピンチを迎えるが、クロスは合わず難を逃れた。

 30分以降、試合は膠着状態に入る。日本はパスワークになかなかリズムが出てこない。一方のナイジェリアも裏への展開が多くなるが、日本の守備陣がしっかりと対応を見せる。

 しかし42分、日本は再びリードを許してしまう。裏に抜けたサディクにボールをキープされると、ゴール前に侵入され、最後はエテボに勝ち越しゴールを奪われた。

 ナイジェリアが3-2とリードして前半を終了している。

 後半、日本はメンバー交代なくキックオフを迎えた。

 日本は前半同様、立ち上がりに失点を喫してしまう。自陣でサディクにディフェンスラインを突破されると、エリア内で塩谷がサディクを倒しPKを与えてしまう。これをエテボに決められ、2-4となった。エテボはハットトリックを達成した。

 失点直後、日本は中盤の原川に代えて浅野拓磨を投入する。

 60分、日本はFKを獲得。南野のキックに右サイドに入り込んだ植田がヘディングで中央へ折り返すが、合わせられない。

 そして66分、日本はカウンターからナイジェリアに5点目を許してしまう。右サイドを破ったナイジェリアは、ミケルがクロスを入れると、GK櫛引がスライディングでクリア。このクリアが小さくなり、これをハットトリックを達成しているエテボが押し込んだ。

 日本は70分、左サイドを藤春が突破し、そのクロスを浅野がヒールシュートで押し込んだ。2点差に迫る。得点直後、日本は興梠に代えて鈴木武蔵を投入する。その鈴木からのクロスなどで日本はチャンスを広げる。

 日本は76分、中島に代わって矢島慎也を投入する。一方のナイジェリアはエゼキエルに代わってウドが入る。

 85分、日本はCKからこぼれ球に塩谷が頭で押し込もうとするが、クロスバーを越えてしまう。

 なかなかチャンスをモノにできない日本は、アディショナルタイムに鈴木が1点を返し、5-4とするが反撃もここまで。日本は第1戦を落とす結果となった。

 日本は8月7日21時(日本時間同8日10時)に、コロンビアとの第2戦に臨む。

最終更新:8/5(金) 12:33

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。