ここから本文です

【日本4-5ナイジェリア|採点&寸評】堅守の手倉森ジャパンはどこへ…。自滅で最も大事な初戦を落とす

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 12:09配信

チームの基盤である守備が崩壊。個の力に屈した室屋、塩谷は「3.5」。

[リオ五輪グループリーグ第1戦]日本4-5ナイジェリア/現地8月4日/アレーナ・アマゾーニア
 
【五輪日本代表・総評】 4
「耐えて勝つ」はずが、まさかの打ち合いに。個の力で勝るナイジェリアの主戦場に引き込まれてしまい、自分たちの戦い方を失ってしまった。4点を取ったことは次戦以降につながるとも取れるが、試合開始6時間半前にブラジル入りしたナイジェリア相手に完敗を喫した現実はあまりに厳しい。

【リオ五輪・ナイジェリア戦PHOTO】まさかの5失点…守備が崩壊し、大事な初戦を落とす



 [個人採点・寸評]
[GK]
1 櫛引政敏 4
立ち上がりに2点を失い、その後もビルドアップで足もとの拙さからチームのリズムを崩す苦しい内容。飛び出してスライディングに行った5失点目の対応も疑問が残るなど、ネガティブな面が目立ってしまった。
 
[DF]
2 室屋 成 3.5
1失点目はサディクへのマークが遅れ、2失点目はハイボールの目測を誤って入れ替わられてしまった。サイドを駆け上がっても、そこから次の一手に精度を欠き、挽回できなかった。

4 藤春廣輝 4.5
マッチアップしたエゼキエルとの1対1に苦戦。試合途中から徐々に押し返したとはいえ、自身のサイドから崩される場面が多かったことを考えれば、厳しい評価にならざるを得ない。
 
5 植田直通 4.5
身長192センチの大型FWサディクと激しい肉弾戦を展開。最後の局面で身体を張っていた一方で、発展途上の塩谷との連係面を突かれ、最後はナイジェリアの波状攻撃に屈した。
 
6 塩谷 司 3.5
失点で気落ちしかねないなかで、声を張り上げて守備陣を鼓舞。ただ、前半終了間際のサディクへの対応はあまりに軽く、4失点目もPKを献上。ナイジェリアに主導権を与えてしまった責任は重い。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:8/8(月) 6:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。