ここから本文です

【リオ五輪】計9ゴール、撃ち合いの末の敗戦に指揮官「手倉森ジャパンらしくない戦い」

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 12:27配信

攻撃面に手応えも大量失点に修正は不可欠。

[リオ五輪グループリーグ第1戦]日本4-5ナイジェリア 現地8月4日/ブラジル・マナウス

スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

 終了間際まで追いすがる粘りを見せたが、日本は勝負と位置付けた第1戦を思わぬ大量失点で落としてしまった。手倉森誠監督は「手倉森ジャパンらしくない撃ち合いの展開だった」と試合を振り返った。

 相手は航空チケットの発券トラブルに見舞われ、試合直前に会場に到着。状況的には日本優位に見えたが、アフリカン特有のスピード、パワーに圧倒された。4点は奪ったものの、5失点は手倉森ジャパンでも初の大量失点だ。

「点は取れているが、与えた失点が多過ぎた。反省するところは反省して次に臨みたい」

 それでも開始6分の失点から二度先行されるもそのたびに粘り強く追いついた。
「挑んでいこうとする姿勢は見せられた。次の試合で勝利を届けたい」と指揮官は前を向いた。

点は取れているが、守備を修正して次に望みたい」

 

最終更新:8/5(金) 12:27

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。