ここから本文です

【セルジオ越後】これが手倉森ジャパンの実力。試合の2時間前に現地入りしたナイジェリアだったら、ぎりぎり勝てたかもね

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 15:45配信

コンディション的に有利でも、それを活かす技術が日本には足りなかった。

 リオ五輪グループリーグ第1戦(現地8月4日/アマゾニア)のナイジェリア戦は、4-5で日本が敗れた。ひと言で総括すれば、これが手倉森ジャパンの実力だね。

【PHOTO】欧州スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち


 
 ナイジェリアは4日午後2時半頃、試合会場のあるマナウス空港に到着して、試合開始の6時間半前に、ようやく現地入りした。もともとナイジェリア戦は厳しいと思っていたけど、それでもコンディション面から日本に分があると期待していたんだ。
 
 ところが、蓋を開けてみれば、あまりにもお粗末な内容だったね。コンディション的に不利でも、それをカバーできる技術がナイジェリアにはあった。逆にコンディション的に有利でも、それを活かす技術が日本には足りなかった。
 
 果たして、これが逆の立場だったならば、どうなっていたのか。おそらく日本が完敗していただろう。
 
 相手はコンディションが悪いはずなのに、日本はそのアドバンテージを活かせないまま、試合の立ち上がりから撃ち合いになってしまった。相手の足が止まり出した終盤から、ようやく日本の良さが出始めたけど、3点リードされてからの反撃では遅すぎるよ。
 
 日本は久保を招集できなかったとはいえ、ナイジェリアはプレミアリーグに所属する複数の選手を招集できなかった。そのうえ、発券トラブルにも見舞われた。

 こんなビッグチャンスを逃す手はない。しかし試合中、どっちのコンディションが良いのか、分からない時間帯もあったぐらいだ。今回の恵まれたシチュエーションを考えたら、試合開始と同時に“叩き潰す”勢いでいかないと。
 
 先制されて追いつき、リードされて再び追いつく。そこまでの展開は良かったけど、2-2になってから、日本はどこか落ち着いてしまった。
 
 この時間帯こそ、相手を叩く格好のチャンスだったのに、振り出しに戻ったから慎重に進めようと思ったのかな。まったくの逆だよ。あえて攻撃の意識を強めて、相手を少しでも走らせ、体力を早めに削ぐべきだった。
 
 

1/3ページ

最終更新:8/6(土) 18:14

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。