ここから本文です

【J1展望】柏×横浜|チャンスメイカー対決を制すのは、茨田か、それとも天野か

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 18:00配信

柏――注目は右SBの茨田。CB中谷が離脱のなか増嶋への期待が高まる。

J1リーグ・2ndステージ7節
柏レイソル – 横浜F・マリノス
8月6日(土)/19:00/日立柏サッカー場
 
柏レイソル
2ndステージ成績(6節終了時):4位 勝点13 4勝1分1敗 10得点・8失点
年間成績(23試合終了時):5位 勝点37 10勝7分6敗 30得点・29失点
 
【最新チーム事情】
●中谷が五輪のバックアップメンバーとして離脱中。
●31日の浦和との練習試合は2−1で勝利。
●今週はセットプレーの守備を徹底した。
●今井が再び右第5中足骨骨折。11月頃に復帰の見込み。
●大島がJ3の富山に育成型期限付き移籍。
 
 
【担当記者の視点】
 クリスティアーノ、D・オリヴェイラ、伊東のリーグ屈指のスピードを誇る3トップと、トップ下に入る武富のコンビネーションが高まっており、直近の4試合で9得点。好調の攻撃陣が3連勝の原動力となっている。
 
 そこで今節の注目プレーヤーに、茨田を挙げたい。前節の磐田戦では負傷から復帰し、右SBで先発すると、サイドを駆け上がるといったSBとしてのプレーではなく、本職のボランチらしい仕事で存在感を発揮。プレッシャーの薄い右後方の位置から同サイド、中央、逆サイドと自在に好パスを供給し、攻撃にリズムをもたらした。再び右SB起用が見込まれる今節も、攻撃の起点として機能できるか。
 
 またCBの中谷がリオ五輪のバックアップメンバーとしてチームを離脱中。代わってスタメンが予想される増嶋は実力と経験は申し分ない。ここ3試合でも、リードした展開でクローザーとして出場し、チームに安定感をもたらして連勝に貢献している。何よりも増嶋自身のモチベーションが非常に高く、期待が持てる。

横浜――〝トップ下・天野″がどこまで機能するか。

J1リーグ・2ndステージ7節
柏レイソル – 横浜F・マリノス
8月6日(土)/19:00/日立柏サッカー場
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(6節終了時):5位 勝点12 3勝3分0敗 12得点・5失点
年間成績(23試合終了時):7位 勝点34 9勝7分7敗 33得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●左足甲を痛めている中村は引き続き欠場濃厚。
●ビルドアップ強化のため天野をトップ下に置いた4-2-3-1を採用する可能性がある。
●齋藤とマルティノスがキレを維持。あとはゴールだけだ。
 
【担当記者の視点】
 第2ステージは開幕3連勝とスタートダッシュに成功も、その後は3連続引き分けとトーンダウン。負けはしていないが、勝ち切れずに順位を上げられずにいる。
 
 今節の相手は、苦手としている柏だ。前回対戦は3-0の完勝も、ナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)では1-3と敗れているだけに、油断はできない。
 
 中村不在時はこれまで4-4-2が定番だったが、今回は天野をトップ下に配置して、基本の4-2-3-1で挑むことになりそうだ。相手ゴール前まではボールを運び、チャンスは作れているだけに、あとはフィニッシュのみ。中村と同様、テクニカルな左足を持つ天野の奮起に期待したい。

最終更新:8/5(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web