ここから本文です

【リオ五輪】1ゴールの浅野が攻撃面に手応えも「これが五輪の厳しさなのかと…」

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 15:59配信

「前半で勝ち越せれば良かったが、その逆になってしまった…」

[リオ五輪グループリーグ第1戦]日本 4-5 ナイジェリア 現地8月4日/ブラジル・マナウス
 
 リオ五輪のグループリーグ、ナイジェリアとの第1戦は、点の取り合いの末に4-5で敗戦。この試合で61分に途中出場した浅野拓磨は、1点を奪ったもののチームを勝利に導くことはできなかった。

【日本4-5ナイジェリア|採点&寸評】堅守の手倉森ジャパンはどこへ…。



「(前半を)ゼロか最低でも1点差以内に抑えてくれれば、あとは自分がなんとかするという気持ちで準備していました。チーム全体としてそれくらいの覚悟で戦えれば、最後の最後で勝負できると思う」
 
 4ゴールを奪った攻撃面に少なからず手応えは感じた。浅野自身も藤春のクロスにヒールで合わせゴールネットを揺らした。
 
「攻撃ではしっかり自信を持ってボールを動かせばゴールにつながると、ベンチで見ていた時から思っていた。相手は3人目の動きに対して、なかなかついていけないようだった。縦パスが入った時に、うまく前線が連動できればゴールは取れるだろうと思った」
 
 だが、ピッチに入る時点で、日本はすでに2点差をつけられていた。前半、追いついた流れで勝ち越しを望んだが……。
「正直、前半で勝ち越せればいいなと思っていたけど、その逆になってしまった。時間帯がなかなか厳しかったので、流れも向こうにいってしまったのかと」
 
 先制され、追いついては引き離されるという苦しい展開。相手は発券トラブルに見舞われ、試合直前に現地入りするなど、コンディションも万全ではなかったはずだが、それでも世界の壁を思い知らされた。
「らしくない失点が続いたりとか、これがオリンピックという大会の厳しさなのかなと改めて感じた。先に失点して向こうに流れがいくのかと思えば追いついて。逆にこっちの流れになるかと思ったらまた入れられて。サッカーはひとつのプレーで流れが変わってしまう」(浅野)
 
 しかし、大会はまだ1試合を終えただけ。次のコロンビア戦(日本時間8日午前10時)での巻き返しが重要だ。すぐにでも取り掛かるべき修正課題は見えている。
「次の試合はすぐ来る。攻撃は点が取れているので継続していきたい。失点のところもディフェンス陣やGKの責任だけじゃない。チーム全体に原因があるわけで、しっかり守備から入っていかにゴールまで行くかということを、立ち上がりから厳しくやっていきたい」
 
 自身の1得点を含む4ゴールを奪ったという事実を前向きな材料に、「守備の脆さ」という課題を克服した姿を次戦では見せたいところだ。

最終更新:8/5(金) 18:13

SOCCER DIGEST Web