ここから本文です

「MSNの控え」は結局だれに? 振られ続けたバルサがいま狙う7人のFW

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 17:12配信

ターゲットたちはいずれも出場機会の少なさを懸念して…。

 今夏のバルセロナは、移籍市場で早くから積極的に動いてきた。すでに最終ラインにサミュエル・ウンティティ(リヨンから)とリュカ・ディーニュ(パリSGから)、中盤にアンドレ・ゴメス(バレンシアから)とデニス・スアレス(ビジャレアルから買い戻し)を獲得。7975万ユーロ(約95億7000万円)を費やして、層の不安を解消している。
 
 しかし、最大の補強ポイントだった「MSNのバックアッパー」の獲得には、ことごとく失敗。リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールのいずれかを故障で欠いたり、調子を落としたりした際にチーム力が大きく落ちた昨シーズンの弱点を改善できぬまま、8月を迎えてしまった。
 
 バルサはまず、移籍市場初期の段階でウスマンヌ・デンベレ(レンヌ→ドルトムント)、アテム・ベン・アルファ(ニース→パリSG)、ノリート(セルタ→マンチェスター・C)などに袖にされる。
 
 さらに7月下旬以降もルーカス・ビエット(A・マドリー→セビージャ)、レロイ・ザネ(シャルケ→マンチェスター・C)、ケビン・ガメイロ(セビージャ→A・マドリー)、そしてガブリエウ・ジェズス(パルメイラス→マンチェスター・C/合流は来年1月予定)らの争奪戦に敗れ去ったのだ。
 
 その大きな理由は2つ。ひとつは金銭面で、バックアッパーに巨費を投じるつもりがないバルサは、獲得資金の上限を2500万ユーロ(約30億円)あたりに設定しており、ライバルとの入札合戦に敗れる結果となった。
 
 もうひとつは、選手側の拒否。実力的にいずれも世界最高レベルで、さらに少しの“休息”すらも嫌うMSNが君臨するバルサに入団しても、出場機会が限定的になるのは目に見えているからだ。
 
 実際、一時はバルサ入りが有力視されたベン・アルファが「オファーはもちろん嬉しかった。でも、僕はもう29歳。ずっとベンチで我慢することはできない」と語るなど、多くの選手がオファーを拒否。スポーツディレクターのロベルト・フェルナンデスも先日、「アタッカーたちは誰もウチに来たがらない……」と嘆いていた。

1/2ページ

最終更新:8/5(金) 17:17

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革