ここから本文です

【J1展望】新潟×神戸|第1ステージは計9得点の乱打戦に。6失点で敗れた新潟は雪辱なるか?

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 19:00配信

新潟――ホームでの連戦で悪い流れを断ち切りたい。

J1リーグ2ndステージ・7節
アルビレックス新潟‐ヴィッセル神戸
8月6日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
2ndステージ成績(6節終了時):16位 勝点3 1勝0分5敗 5得点・9失点
年間成績(23試合終了時):14位 勝点21 5勝6分12敗 24得点・34失点
 
【最新チーム事情】
●前節のFC東京戦は、後半立ち上がりに失点し惜敗。
●鈴木、野津田がリオ五輪のため不在に。
●舞行龍が別メニューで調整。
 
【担当記者の視点】
 今季初の連勝が懸かった前節のFC東京戦だったが、後半早々に守備の乱れを突かれて失点すると、引かれた相手を攻めあぐねて敗戦。これで第2ステージは5敗目と、苦しい状況から抜け出せずにいる。
 
 ベテランの成岡は、「わずかなところで勝ちを逃し続けている悪い流れは、自分たちで断ち切るしかない。精神論は好きではないが、もがき続けて“あとわずか”のところを手繰り寄せ、勝利につなげたい」と危機感を露にする。
 
 今節からリオ五輪に参加中の鈴木、野津田が不在となる(野津田はサポートメンバー)。新たにチャンスを得た選手が持ち味を発揮することが、チームの推進力になるのは言うまでもない。
 
 懸念材料は、CB舞行龍のコンディション。吉田監督は試合出場を念頭に調整していると明かしたが、増田も練習からアピールしており、出場に意欲を見せている。
 

神戸――前節同様に4-3-3を採用する見込み。

J1リーグ2ndステージ・7節
アルビレックス新潟‐ヴィッセル神戸
8月6日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
ヴィッセル神戸
2ndステージ成績(6節終了時):7位 勝点10 3勝1分2敗 10得点・7失点
年間成績(23試合終了時):10位 勝点30 8勝6分9敗 33得点・32失点
 
【最新チーム事情】
●ネルシーニョ監督は前節の大宮戦(1-0)で試した4-3-3に手応えを示す。新潟戦でも継続して採用する見込み。
●P・ジュニオールが累積警告により出場停止。代役は小林が務めそう。
●中盤3枚の人選に変化? 藤田が先発復帰を狙う。
 
【担当記者の視点】
 前節の大宮戦で試した4-3-3に関して、ネルシーニョ監督は「チーム全体が戦術の理解と規律を重んじて、終始、自分の役割を理解しながら柔軟に対応してくれたと思います」と一定の評価を下した。今週も引き続き、新システムでトレーニングを積んでおり、新潟戦も同様の形で臨みそうだ。
 
 左ウイングを務めるP・ジュニオールは累積警告によって出場停止。ただ、代役を務めそうな小林は、前節はロスタイムのみの出場に終わっただけに、定位置奪取へ意欲を燃やしている。
 
 また、中盤3枚の人選も注目だ。大宮戦ではアンカーにニウトンを置き、インサイドハーフに三原と田中英を起用したが、藤田が先発復帰を虎視眈々と狙っている。

最終更新:8/5(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web