ここから本文です

「モウリーニョは投獄すべきだ」とマンUでのチーム作りに巻き上がる非難の嵐!

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 18:04配信

「ユナイテッドのやり方は世界中のクラブの手本とならない」

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ新監督がバスティアン・シュバインシュタイガーに対して行なった処遇に、各所から非難の声が上がっている。

 2015年夏にユナイテッドと3年契約を結んだシュバインシュタイガーは現在、「私のプランに入っていない彼らには1分たりとも出場時間を与えない」とする新任のモウリーニョ監督の意向によって戦力外に。プレシーズンのメンバーには含まれておらず、トップチームの練習参加も許されず、U-23チームに帯同している。

 そんな、元ドイツ代表主将に対する冷遇を見た、国際プロサッカー選手会(FIFPro)のメンバーのデヤン・ステファノビッチ弁護士は英メディア『BBC』の取材に対して、「明らかにバスティアンのやる気をそぐためのものだ。我々の刑法なら、いじめやハラスメントがあれば禁固刑で、最大3年の収監だ」とモウリーニョ監督を厳しく非難した。
 
 また、同じFIFProのメンバーであるレイモンド・バールド氏は『スカイ・スポーツ』の取材で、「ユナイテッドはシュバインシュタイガーに移籍を強いている。世界中のほかのクラブにとって良い手本とならない」と主張した。
 
 さらにシュバインシュタイガーを気遣うコメントを残したのは、古巣バイエルンの関係者たちだ。
 
 カール=ハインツ・ルムメニゲCEOは、「信じられないね。今回のようなことはバイエルンでは絶対起きないことだ」とユナイテッドとモウリーニョのチーム作りを批判している。
 
 シュバインシュタイガーを2002年にトップチームデビューさせたオットマー・ヒッツフェルト氏も「尊敬すべき選手に対して敬意を欠いている。私にとって奇妙な方法だよ」と、リスペクトに欠けると断罪した。
 
 優勝請負人として名を馳せるモウリーニョ監督だが、少数精鋭のチーム作りを行なうため不満分子を生むことも少なくない。2013年にはR・マドリーでイケル・カシージャス、ペペなど主力と衝突し、辞任を余儀なくされた。
 
 ユナイテッドでも早々にチーム構成を明確にしたモウリーニョのやり方は、はたして上手くいくのか、それとも崩壊に向かうのか――。
 
 新生ユナイテッドの公式戦初陣は、8月7日(現地時間)に行なわれるレスターとのコミュニティーシールドだ。

最終更新:8/5(金) 18:14

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。