ここから本文です

【リオ五輪】遠藤が感じた日本の弱点。球際で「奪えたなと思った時に、フッと力を抜いちゃうじゃないけど…」

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 20:08配信

遠藤は失点シーンを振り返り、複雑な表情を浮かべた。

[リオ五輪グループリーグ第1戦]日本4-5ナイジェリア/現地8月4日/アレーナ・アマゾーニア
 
 まさかの5失点を喫したナイジェリア戦、守備の要所である4-3-3のアンカーを任された遠藤は、「守備の距離感は良かった」と感じていた。

【リオ五輪・ナイジェリア戦PHOTO】まさかの5失点…守備が崩壊し、大事な初戦を落とす



「入り方がまずくて失点したけど、ブロックの守備とかコンパクトに保つところはそんなに悪くはなかった」というように中盤のスペースを消して相手をサイドに追いやる態勢はできていた。しかし、結果を見れば大量失点。その理由は明らかで、ナイジェリアが日本の弱点を突き、狙いとする守備の形に持ち込ませなかったからだった。
 
 ナイジェリアは前線の個人技を活かした攻撃を得意とするチームだ。そうした相手に中盤で網を張っても、期待する程の効果は見込めない。実際に、ナイジェリアはFWのサディクを狙ったロングボールを軸に日本の守備を無力化し、巧みにミスを突いてチャンスを作っていた。
 
 失点シーンを振り返っても、その多くは相手の個人能力に屈したところ、もしくは日本のミスから始まっている。
 
 1失点目のシーンでは、右サイドでボールを持ったエゼキエルに藤春と中島のふたりで寄せながらも、突破を許してシュートを打たれた(このシュートのこぼれ球にサディクが詰めてネットを揺らした)。
 
 2失点目は室屋がクロス対応を誤り、3失点目は塩谷が相手FWを潰し切れずに起点を作られ、4失点目は室屋が不用意にボールを奪われた後に、塩谷がPKを献上。5失点目は、飛び出したGK櫛引の不十分なクリアが相手に渡り、無人のゴールに蹴り込まれている。
 
 遠藤はこうした失点シーンを振り返り、「フッと力を抜いちゃうじゃないけど……」と複雑な表情を浮かべた。
 
「失点の場面でシンプルに長いボールが入った時とか、ちょっと奪えたなと思った時にフッと力を抜いちゃうじゃないけど(油断してボールを奪いきれていない)。その時に相手も追いかけてきて足を出してきて相手ボールになっちゃうとか、そういうところはすごく多かったと思う」

1/2ページ

最終更新:8/6(土) 10:31

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革