ここから本文です

【リオ五輪】「『耐えて勝つ』って言い過ぎた…」手倉森監督が大量失点の原因にメンタル面を挙げる

SOCCER DIGEST Web 8/5(金) 20:57配信

ナイジェリア戦の負けにも耐える意味がある。

[リオ五輪グループリーグ第1戦]日本4-5ナイジェリア 現地8月4日/ブラジル・マナウス
 
 ナイジェリアとの初戦に敗れた五輪日本代表の手倉森誠監督は、大量失点を食らっての敗戦を振り返り、メンタル面に原因を求めた。

【ナイジェリア戦PHOTO】まさかの5失点…守備が崩壊し、大事な初戦を落とす


 
「あっさり点を取られたことに対するショックはあったと思う。そこには俺が『耐えて勝つ』ってそればっかり言い過ぎた面があると思う。結局耐えきれずに簡単にポンポンと取られたことに対して、引きずらせてしまった」
 
 前半立ち上がりに簡単にサイドを破られて先制を許すと、興梠のPKで追いつくものの、再びクロスへの対応ミスから勝ち越しゴールを許してしまった。それでも、その都度追いつく粘りを見せたが、前半の終盤に勝ち越しを許すと、後半も相手のパワーに押し切られた。
 
「大会を通して言えば、今日の負けも耐える意味があると思う。(中略)やっぱり我々は耐えて勝つっていうのをやっていくしかない。あとは、ひとつのミスを引きずらない。この試合に負けたのをひとつの大きなミスだと思えば、そこからの挽回力を示すことでブレたメンタルを立て直すことにもつながると思う」
 
 自ら「勝てばメダルへの可能性が広がる」と位置付けて臨んだナイジェリア戦だが、この敗戦で手倉森ジャパンのリオ五輪が終わったわけではない。
「ここで負けて、じゃあ終わりかって言ったら、終わるわけにはいかない。これまでの(五輪で)ナイジェリアに負けてきた歴史を覆して、トーナメントで借りを返せるようにやっていかなきゃいけない」
 
 逆境を跳ね返してきたアジア王座を掴んだ手倉森ジャパンだけに、指揮官はまだまだ諦めていない。
 

最終更新:8/5(金) 21:02

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。