ここから本文です

今、ハワイの新潮流レストランが熱い ダウンタウンのベトナミーズへ急げ!

CREA WEB 8/5(金) 12:01配信

vol.12 ハワイ (1)
地元ビジネスマンからも人気のレストラン

 ハワイの食シーンは、変わってきている。

 今までは「ロコモコ」に代表されるように、大味、大盛り、アバウトな料理が多い土地柄で、繊細な飯は難しく、美食のイメージとほど遠かった。

 しかし1980年代後半頃から、CIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ:アメリカ最高峰の料理学校)卒のロイ・ヤマグチ氏が店を出し、 アラン・ウォンズ氏も出店。フレンチにハワイアンテイストを加えた“パシフィック・リム・キュイジーヌ”がもてはやされるようになる。

 本土からの裕福な旅行者が絶賛し、従来の店より高価ながら繁盛し、彼らの作る料理が、農家や牧場での野菜や牛の育て方を変え、良質な野菜や牛肉、豚肉を生むようになっていったのだ。

 この80年代の変革がハワイ料理界の第一次新潮流だが、その後、2010年頃から第二次新潮流が生まれる。

 先のCIA出身の若いシェフや「アラン・ウォンズ」出身のシェフたちが新たな料理店を出し、人気を得始めている。そういった店は、観光客相手だけではなく、地元の30~40代のビジネスマンがこぞって出かけているようなのである。

 そんな一軒が、ダウンタウンの「ザ・ピッグ&ザ・レディー」だ。

 モダンベトナム料理をうたい、倉庫を改造した100人は入る客席は、常に満席。昼夜ともに行列ができている。

 店名にちなんだ様々な豚の人形が置かれ、ベトナムの写真が飾られ、吊るした枯れ木や鳥かごのようなランプシェイドなどが配され、その自由な雑多さにセンスがあって、人々を惹きつける。

 並んでいるとおそらく地元の女性と思われる人が話しかけてきて、「ここはおいしいよ」と、自分のことのように自慢した。

新しい提案の食べ方がクセになる

 料理は、定番のベトナム料理が並んでいるが、どれも様々なアイデアが凝らされて楽しい。

 例えばおなじみの牛肉スープ麺の「フォーヴォー」は、スモークベーコン、12時間ローストした牛肉、葱、エシャロットの素揚げを乗せた「P&Lフォー」という変わったスタイルに変わり、食べれば複雑味がありながら、調和がとれていて、実においしい。出汁にも、丁寧な仕事が感じられる滋味がある。

 新しい食べ方も提案する。例えば、塩漬け卵、揚げエシャロット、ローストピーナッツ、ガーリックチャイブとともに牛のフォー汁で食べる「フォーつけ麺」や、様々な食感や香りが口のなかで素敵なハーモニーを生んで、思わず顔が崩れる「ベトナム風和え麺」。

 フランスパンに牛肉やソーセージ、野菜類、タイバジルなどを挟んだ、おなじみのサンドイッチ「バインミー」は、フォーのスープにつけて食べる。この「フォー・フレンチディップ・バインミー」、スープの旨味を染み込んで、クニャリとなった頃合いが妙にうまく、クセになる。

 そして、いずれもハワイ産のブランド豚と牛肉を使っている。

 デザートもユニークで、ミクソロジーカクテルも多く用意されている。店員もフレンドリーで、実に心弾む空間である。

 次回はもう一軒、同じダウンタウンにある「グロンディン フレンチ・ラテン・キッチン」を紹介したい。

THE PIG AND THE LADY(ザ・ピッグ&ザ・レディー)
所在地 83 North King St., Honolulu, HI
電話番号 808-585-8255
営業時間 ランチ 10:30~14:00(火~金曜)/ブランチ10:30~15:00(土曜)/ディナー17:30~22:00
定休日 日曜
URL http://thepigandthelady.com/

1/2ページ

最終更新:8/5(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。