ここから本文です

逆境の音楽業界 “突き詰める”ことで生き残れ!

R25 8/6(土) 7:00配信

「この業界もうヤバイよ」「斜陽産業だから」なんていうセリフが多くの業界で飛び交う時代。そんな逆境にあっても、ギラギラと輝いている“風雲児”をインタビューするのが本連載である。第1回目は音楽業界の風雲児。HMVのバイヤーを経て、カセットテープ専門の音楽レーベル「ゾンビ・フォーエバー」を運営する森 幸司さんだ。

●「どうせ売れない」インディーズ担当 どう戦った?

山形で音楽活動をしていた森さんが上京したのは20歳のとき。インディーズアーティストの楽曲が世に出る仕組みに興味を持つと、2007年、HMVにバイヤーとして入社する。

「日本のCD販売枚数は1998年をピークに急激に減少し続けていて、iTunesが登場した2006年からはさらに状況が悪化。僕がHMVに入社したのはそんなときでした」

アルバムに関していえば、1998年から約10年間で市場が半分に縮小するほどの急落ぶり。そんな中で入社した森さんが担当したのは、インディーズアーティストのアルバムの仕入れであった。

「どうせ売れないと思われていたんでしょう…。アーティスト1組につきCD1枚ずつしか仕入れさせてもらえませんでした。でも、どうにかお客さんにアーティストの魅力を知ってもらおうと、すべてのCDを面出しで並べて、1枚1枚に自分でPOPを書いて設置したら、結構売れたんですよ。CDのPOPって、『淡い心が映し出されている…』とか、アバウトな表現を使いがちじゃないですか。それだとなんだかよくわからなくて、結局アーティストの魅力も伝わらないと思うんです。僕は、『YMOを彷彿とさせる』とか、できるだけ具体的なワードを使って、ときにハッタリをかましながら(笑)、普段インディーズの音楽を聴かない人にも興味を持ってもらおう、と考えてました」

●できることが少ないなか、仕事のモチベーションは「突き詰める」ことで生まれる

もちろん、努力はこれだけではない。仕入れるCDのセレクトに関しても、時間と労力を割いて、考え抜いたという。

「たとえば、流行った映画があれば、その映画にちなんだCDを探しました。監督が影響を受けた海外文学と同じものにインスピレーションを受けたアーティスト…など、遠くてもいいから、何かしらの関連を探すんです。そうすると、1枚のCDからどんどんつながって、いろいろなアーティストを発見できる。自分自身がそういう聴き方をするんで、調べていくのは苦じゃなかった。面白かったですね。お客さんにも同じような人は結構いたようで、“リピーター”のようになってくれたときはとても光栄でした」

決して給料は高くなかったが、やりがいはあったと語る森さん。2010年にHMV渋谷店が閉店するなど音楽不況が深刻化し、上層部が店舗に並べるCDを決めるようになってしまうまで、インディーズ専門バイヤーとして働いた。そんな彼に、逆境のなかでモチベーションを高く維持するコツを聞いてみると…。

「自分の仕事を突き詰めることですかね。自分から勉強していく。僕の場合は売り場の広さや仕入れられるCDの枚数に制限があったからこそですが、ピンポイントで研究することができていた。そうすると、どんどん仕事に深みが生まれて、自分以外の誰にもできないことが増えていって、働くことが楽しくなるんですよ。仕事をしてると『自分の裁量の幅がせまい』ってことがあると思うんですが、そういうときこそ突き詰めていく。仕事を充実させるチャンスになると思いますね」

(黄 孟志/かくしごと)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/6(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。