ここから本文です

野球女子急増で展開増! プロ野球レディースウェア3選

R25 8/6(土) 7:00配信

「カープ女子」や「オリ姫」など、特定のプロ野球球団の女性ファンを示す呼び名を聞く機会が増えてきた今日このごろ。実際、球場には女性ファンが多く訪れ、各球団の応援グッズを身につけて観戦に励んでいるらしい。そんな背景もあり、各球団ともレプリカユニホームやTシャツなどに、女性向けのデザインやサイジング展開に力を入れており、かわいいアイテムも続々。今回は、各球団のなかから編集部がおすすめしたいグッズをいくつか紹介します!

●読売ジャイアンツ

「ヘンリーネックTシャツ ピンク ラインストーン」(7000円)は、ユニホーム風にデザインされたアイテムで、淡いピンクが可愛らしく女性にぴったり。背番号と選手名をキラキラと輝くラインストーンで描いており、スタンドで目立つこと間違いなしです。ラインストーンのカラーがブルーの坂本勇人選手、グリーンの長野久義選手、ピンクの高橋由伸監督の3種をラインナップ。女性向けのMサイズくらいの大きさのレディースフリーサイズなので、女性が着こなしやすいのもポイントですね。

そして「UA GIANTSウーマンズチャージドコットンSS<POCKET>」(4320円)は、スポーツアイテムブランドUNDER ARMOURによる、吸汗速乾性に優れたおしゃれなTシャツ。普段着にしても◎です。

●阪神タイガース

「プリントカラージャージ」(4860円)は、前開きのジャージにユニホームのようなデザインをプリント。男女兼用のS、M、Lのスリーサイズから、好きな選手の背番号がチョイス可能です。

また、阪神タイガースファンの女性“TORACO”なら「TORACO ベースボールシャツ」(4500円)こそ押さえておきたい一枚。イエローのストライプに淡いグリーンのロゴとマークが映え、かわいらしく着こなせそう。ほかにもワンピースやノースリーブパーカーなどのウエアや、ピアスやヘアアクセサリーなどTORACOグッズは充実しているのでファンならずとも注目です。

●中日ドラゴンズ
「サポーターズユニホーム レディース」(4500円)は、胸に大きくプリントされたロゴと袖口のラインがポイント。前開きのデザインがユニホームらしく、応援にも気合が入りそう。バックの背番号と選手名は球団マスコットキャラクター“ドアラ”バージョンもセレクト可能です。

また、非売品ながら注目なのが、今年の6月18日に催された「ドラ恋!ガールズデー」で、中日ドラゴンズの試合を観にきた女性へ無料配布された「ドラ恋!ユニホーム」。来シーズンも同様の企画が行われるかもしれないから、期待大です。

“アスレジャー”風にも!? サイジング別着こなしテク

さて、せっかく女性向けのアイテムをゲットしたら、おしゃれに着こなしたいもの。特にユニホーム風のデザインのウエアは普段着ている服とデザインが全く違うし、コーディネートが難しそう…。何に気をつけて着こなしたらよいの?

「どんなアイテムと合わせるかによってユニホームのサイズを選ぶと、着こなしが決まり、スタイルが良く見えますよ」と、教えてくれたのは、スタイリストの遠藤友香さん。

「タイトなスカートやショートパンツならオーバーサイズがおすすめ。また、今年流行しているワイドパンツやガウチョとコーディネートするときはぴったりめのユニホームがいいでしょう。縦長のシルエットを作ることですっきりと見えます。ジャストサイズなら、ジョガーパンツやスウェットパンツを合わせ、前だけ裾をインするのがポイント。今シーズントレンドのスポーツウェアをコーディネートして街中で着る“アスレジャースタイル”になりますよ」

ほかにも、

・ベースボールキャップをかぶると目線が上にくるため、スタイルアップして見える
・ライン入りのソックスを履くだけでスポーティーさをプラス! ショートパンツやスカートと一緒に合わせてもOK

など、着こなしテクは様々。ちなみに各球団の女性向けウエアは“ピンク”が多いけど、ピンクのユニホームを可愛く着るポイントはありますか?

「甘い、女性らしい着こなしが好きな人は、チュールスカートやレーススカートを合わせて。ただ、ボトムも柄物だと少しやりすぎててしまうので、流行りの透け感がある素材を使ったものがぴったりです。また、ボトムにデニム素材やミリタリーテイストのアイテムを選ぶと甘辛ミックスの着こなしになりますよ」

もちろん、女性向け以外のユニホームでもサイズに気をつけてボトムを選べば、トレンドを押さえたおしゃれなコーディネートも可能。

いつもとちょっと違うおしゃれが楽しめる野球観戦。せっかくおしゃれするなら、野球好き男子を誘って観戦デート、なんてのもいいかも!

(河島まりあ)
(R25編集部)
(L25編集部)
「L25」とは?
働く女性たちの話題のネタになるトレンドや気になることを、あくまでも女性視点で編集しています。

最終更新:8/6(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。