ここから本文です

九重親方「娘の誕生日までは…」と最期の踏ん張り

NEWS ポストセブン 8/6(土) 7:00配信

 元横綱・千代の富士の九重親方が7月31日、膵臓がんのため61才で亡くなった。昨年6月に、緊急手術を受けるも、その後、がんは全身に転移。特殊な放射線治療を受けながら、親方としての仕事をこなしていたが、今年7月の名古屋場所4日目(7月13日)の後に体調を崩し、東京に戻り緊急入院した。親しい友人が明かす。

「入院後に連絡をもらいました。もう長くはないかもしれない。でも、弱った姿は見せたくないから、お見舞いはお断りさせてほしいと…」

 それでも、親方は最後の気力を振り絞っていた。

「娘の誕生日までは、踏ん張るよ」

 長女・優さんの誕生日は7月19日、モデルの次女・梢は27日だ。入院中はいつも優さんが親方の隣にいたという。

 九重親方の家族に対する愛情には、特別なものがある。妻の久美子さんとは関脇時代の1981年、後援者の紹介で知り合った。

「九州場所の博多で一目見て、“ピピッ”と感じるものがあったそうです」(ベテラン相撲記者)

 翌年9月に結婚式を挙げた。相撲の取り口同様の“一気の速攻”だった。その翌1983年には長女・優さんが誕生する。

「優さんが3才くらいの頃、千代の富士関が負ける場面を見て“パパが負けちゃった。かわいそう”と泣き止まなかったそうです。ところが、幼稚園に入ってから、横綱が“パパ負けてごめんね”と言うと、“この前勝ってくれたからいいよ”と小さいなりに慰めようとする。それには、“これじゃあ頑張らないわけにはいかないでしょう”と話していました」(ベテラン記者)

 1986年には長男、1987年には梢、1989年2月には三女・愛ちゃんが誕生した。

「千代の富士関は子供が生まれるたびに“この子を抱っこして優勝の記念写真を撮ってやる”と言っていました。“物心つくまでは勝ち続けて、父親が相撲取りだったとわからせてやりたい”とも。家族こそが自分の心の支えだと確信していたんです」(前出・ベテラン記者)

1/2ページ

最終更新:8/6(土) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。