ここから本文です

日本初上陸の夏季限定コナビールが登場!

東京ウォーカー 8/6(土) 8:20配信

ハワイの地ビールであるコナビール。1994年にハワイ島カイルコアで生産が開始され、高品質の原材料と妥協なき製法で、ハワイやアメリカ本国でシェアを拡げている。

【写真を見る】ハワイらしさを押し出した飲みやすい味わいで、様々な料理と合わせやすく、夕日を眺めながらのルアウ〈宴〉にぴったりの逸品

今夏には、季節限定テイストのコナビールが日本初上陸。8月6日(土)から、ハワイアンテイストのグルメバーガー&サンドイッチレストラン「クア・アイナ」で、「LEMONGRASS LUAU(レモングラス ルアウ)」(税抜627円)が販売される。

「レモングラス ルアウ」は、レモングラスの口当たりやジンジャーのスパイシー感が特徴の、ハーブが香る爽やかなコナビール。様々な料理と合わせやすく、ボリュームたっぷりな「クア・アイナ」のハンバーガーとも相性抜群となっている。

また、「クア・アイナ」では、夏季限定の販売期間中に「レモングラス ルアウ」を1本注文ごとにスクラッチカードを1枚お渡し。スクラッチで“Aloha”が出たら、オリジナルグッズの「コナビール特製アクリルカップ」がプレゼントされる。“Sorry”が出た場合でも、「コナビール ロゴコースター」がもれなく手に入る。

猛暑が続く今夏は、爽やかなコナビールで、ハワイの風を感じながら優雅に過ごしてみよう!【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:8/6(土) 8:20

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。