ここから本文です

世界大会出場シェフが考案!ドンクに111周年記念パン

東京ウォーカー 8/6(土) 10:07配信

8月8日(月)に創業111周年を迎える、ベーカリーショップのドンク。これを記念した「111th Anniversary ~ドンク創業111周年記念フェア~」が、8月1日からスタートした。8月14日(日)までの期間、ドンクとドンク エディテの店頭に、8種類の期間限定商品が並ぶ。

【写真を見る】オリーブオイルを使用した軽やかなブリオッシュに、トマトのゼリーがマッチ!

今回の商品を開発したのは、ドンクが誇るトップクラスのパン職人である、瀬川洋司氏と茶山寿人氏。2016年2月にフランス・パリで開催されたパンの世界大会「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー」に出場するなど、世界を舞台に活躍する2人のシェフが、その技術力を存分に発揮している。通常商品ではなかなかお目にかかれない、珍しい食材の組み合わせもポイントだ。

■ 見た目はハード、食べるともっちり「パン・ペイザン」

瀬川氏が考案した「パン・ペイザン」(648円)は、「クープ・デュ・モンド」の本選で作ったパンにアレンジを加えた一品。パンの表面に入った大きな割れ目は、手で生地にくぼみをつけた後に、めん棒で一気に伸ばしていく、伝統的な製法を用いている。全粒粉とライ麦粉を使用しており、素朴ながらも優しい甘味が際立つ。

瀬川氏が「朝食向けのパン」と話す「パン・ミエル シトロン」(432円)は、砂糖を使わず、レモンの花からとれたハチミツと牛乳のみで、甘さを出している。目の詰まった生地が特徴で、トーストするとより歯切れが良くなるそうだ。瀬川氏はこの他に、ホワイトチョコに抹茶を合わせた「抹茶ショコラブラン」(216円)、イベリコ豚ベーコンの旨味を贅沢に楽しめる「ポークイベリコ グルマン」(368円)を担当している。

■ トマト風味ゼリーが乗った夏向けブリオッシュ

茶山氏も趣向を凝らした4種類のパンを開発。なかでも記者が興味を引かれたのは、「南イタリア産トマトのポンプ・ア・ルイユ」(260円)だ。「111周年という節目の年に、新しい挑戦をしたかった」と話す茶山氏がトッピングに選んだのは、トマト風味のゼリー。ツルッとした舌触りが斬新で、冷やして食べるのもおすすめ!

ベースとなっている生地はブリオッシュだが、バターの代わりにオリーブオイルを使用することで、軽やかな食感に仕上げているという。南イタリア産トマトやクリームチーズも乗り、ワインに良く合うおいしさだ。

他の商品も手の込んだものばかりで、2種類の桃を使った「ピーチメルバ」(303円)、シトロンのすっきりとした酸味が印象的な「エスカルゴ・シトロン」(281円)、紅茶とカシスの相性を楽しめる「ブリオッシュカシス・オ・テ」(303円)がラインアップ。シェフのこだわりが詰まった111周年記念パン、この機会にぜひ味わってみてほしい。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

最終更新:8/6(土) 10:07

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。