ここから本文です

家飲み派におすすめ、パワーアップした「タンブラー」

東京ウォーカー 8/6(土) 17:00配信

好きなペースで気楽に飲めて、財布にもやさしい“家飲み”族が増えている。そんな人たちにとって、飲み頃温度を長く保ち、最後までおいしくお酒が飲めるタンブラーはマストアイテム。なかでも人気の「サーモス真空断熱タンブラー」は、家飲み需要の増加を受け、缶やペットボトル飲料を注ぐのに適した新容量に。そのほか、注ぐと温度が下がるものや、見た目もかわいいタイプなど、お好みのタンブラーでいいお酒を楽しんでみては?

【写真を見る】高保温、高保冷、なめらかな飲み口はそのままに、持ちやすい形に進化。象印マホービン「ステンレスタンブラー」

●サーモスの「サーモス 真空断熱タンブラー」 温度をキープし、氷を入れても結露しないステンレス製魔法びん構造のタンブラー。容量が増え、缶やペットボトル飲料なども注ぎやすく。340ml ¥3,500、420ml ¥4,000、600ml ¥4,500/サーモス

●象印マホービンの「ステンレスタンブラー」 高い保温・保冷力やなめらかな飲み口はそのままに、くびれを大きくし持ちやすい形状に。色もカッパー(赤銅色)とディープブルーに刷新。 300ml ¥ 2,000、450ml ¥ 2,300(ともに編集部調べ)/象印マホービン

●ドウシシャの「飲みごろ激冷タンブラー」 飲み物を入れた瞬間から温度が下がる。秘密は、温度を保つ真空断熱構造と凍らせて作る氷層。2016年 2月のリニューアルで、温度の下がる時間が短くなり、持ちやすく。 300ml ¥1,980(編集部調べ)/ドウシシャ

くつろぎタイムのお供に、お気に入りタンブラーを見つけよう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/6(土) 17:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。