ここから本文です

日本初、ツナ缶専用ツールが便利過ぎる

東京ウォーカー 8/6(土) 22:00配信

ツナ缶を調理するとき、地味~にストレスになるのは「開けにくい」「油きり」「缶の底に中身が残る」などのイライラポイント。でもこれらを解消する機能が1本にまとまったツールがあれば一挙解決できるかも!?

【写真を見る】缶詰全般に使ってOK

「ダイヤ ツナトモ」の特徴は穴だらけのしゃもじのようなスプーンのような形。この形のおかげで次のようなことができるというから驚きだ。

・手を汚さずに、メッシュ形状のスプーンで楽に油がきれる。

・グリップのコーナー部分で、ツナ缶をラッピングしているフィルムをカットできる。

・ヘラのグリップをテコ状に使い、プルタブ式のツナ缶を簡単に開けられる。

・缶の底まできれいに中身をすくえる形状。

なんと便利! 特に爪が弱かったりネイルアートをしている人にはかなりのストレス減になりそうだ。もちろんツナ缶だけでなく、コーンや豆、フルーツなどの缶詰や瓶詰めの中身をすくうときなどにもお役立ち。ただでさえ手軽なツナ缶が、このツールがいっしょならもっと便利な存在になりそう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/6(土) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。