ここから本文です

三人の少年たちのゴールを見届けてほしい 『燦8 鷹の刃』 (あさのあつこ 著)

本の話WEB 8/6(土) 12:00配信

人気作家・あさのあつこさんが初めて挑戦した文庫書き下ろし小説「燦」が、ついに完結しました。燦・伊月・圭寿、三人の少年たちの葛藤と成長を描き、まだかまだかと新刊が待たれた大人気シリーズ――最終巻の第8巻「鷹の刃」刊行を記念して、あさのさんにお話をうかがいました。

――全8巻、書き終えられたいまの気持をお聞かせください。

 ホッとしたと同時に、燦・伊月・圭寿の三人にもう逢えないんだ、というさみしさがあります。複雑な気持です。

 この間、全巻並べてみたんです。丹地陽子さんのカバー絵が毎回素晴らしくて、拝見するのを楽しみにしてたんですが、あぁ、それももうないんだなあ、と。最終巻で燦と伊月の二人が再びカバーに登場しますが、第1巻の時と比べると、すごく大人っぽく成長している。そういうところを読み込んで描いてくださったのが、嬉しかったですね。

――時代小説で、少年を主人公にしたエンタテイメント、躍動する少年たちの「動と静」を書きたい、ということでスタートしたのが、2011年4月でした。

 最初は、全4巻くらいのつもりで始めたので、こんなに長くなって自分でも驚いてます。

 物語の大きな流れというのは、ラストが近づくと見えてくるのですが、その人にふさわしいゴールをちゃんと見つけてあげたい、と思ったら、まただんだん長くなってきて……(笑)。

――結末は、あさのさんが思い描いていたものになったのでしょうか。

 実は、6巻目あたりで燦を国外へ出そうか、と考えていたんです。日本という枠組みに囚われずに生きていく、大陸とか海へ出すのはどうだろう――。でも書いているうちに、彼はちゃんと伊月と圭寿のそばにいて、田鶴の行く末を見届けるんじゃないか、と思ったんですね。心のままに生きるのではなく、いろいろな人間関係があるなかで、自分でそういう道を選ぶだろうな、と。

 最初に考えていたラストとは違ってますが、物語を進めるうちに、彼ら自身が変えてきた、ともいえますね。

――田鶴藩藩主となった圭寿が、江戸から戻って藩政立て直しをはかるにあたり、「頼む、手伝ってくれ」と燦に頭を下げます。そのあたりから、二人の関係が変化してきましたね。

 圭寿は藩主、つまり支配者ですから、人間的魅力がある人にしたかった。圭寿をずっと側で支えてきた伊月だけでなく、燦も徐々に圭寿に惹かれていったんですね。

――第5巻「氷の刃」が刊行されたとき、「三人に女の怖さを教えてやらなくちゃ」とおっしゃってました。

 言いましたね(笑)。結ばれるかどうかは別として、「女」という存在と少年たちがどういうふうに関係をもっていくのか――。少年たち同様、女たちも三者三様、書きたかったんです。

 静門院は最初、妖婦というイメージでしたが、それだけでは面白くない。妖力も魔力もない、一人の女性として、最後の結末も含め、自分の人生を全うする。身寄りのない子供たちの面倒を見ている、掏摸のお吉もそうですが、通り一遍の女性像ではない、個々の物語が立ちあがって行ったと思います。

――燦だけは早くから、篠音という想い人がいます。将来を約束しながら、燦が江戸にいる間に、何者かにさらわれてしまいます。

 燦には、何か負荷をかけたかったんですね。彼、超然としているじゃないですか。圭寿と伊月はすごい現実と闘っているのに。なので、田鶴に帰ったとき現実の重さをずしりと背負わせたかったのです。そのためには、篠音と八神(燦の最も親しい鷹)のどちらかを一時的にしろ、失うことが……と考えました。

――現実と闘っている、といえば、父と子の関係というのも大きなテーマです。後半になるにつれて、伊月の父・伊佐衛門の動きから目が離せなくなりました。

 人と人の絡みを書くのが物語だと思うんです。伊月は、まどいながらも自分に起きたこと全てを受け入れ、圭寿の陰で生き、支えていく決意を固めていく。シリーズを通して、一番成長をした人かもしれません。ただ、結末は余韻をもって終わりたかったので、あまり書きすぎないようにしました。あとは読者の方の想像力に委ねたいと思います。

――終わったばかりではありますが、今後スピンオフを書かれるご予定は?

 戯作者としての圭寿の葛藤、それを見つめる伊月とか、神波の財宝を得て変わる田鶴の未来とか、書かなかった場面で目に浮かんでくるところはありますが……。

 いまはとにかく、ようやくゴールした、という気持でいっぱいです(笑)。

あさのあつこ

1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。1991年作家デビュー。『バッテリー』で野間児童文芸賞、『バッテリーII』で日本児童文学者協会賞、『バッテリー』シリーズで小学館児童出版文化賞、『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞。児童文学からヤングアダルト、ミステリー、SF、時代小説などジャンルを超えて活躍する。著書多数。

聞き手:「本の話」編集部

最終更新:8/6(土) 12:00

本の話WEB

なぜ今? 首相主導の働き方改革