ここから本文です

コロンビア代表主将、日本撃破に自信「倒せると確信している」【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/6(土) 7:00配信

 現地時間4日に行われたリオデジャネイロ五輪のグループステージ初戦でスウェーデン代表と2-2の引き分けたコロンビア代表だが、エースは次の日本代表戦に向けて自信を見せている。

【最新】リオ五輪グループステージ順位表

 コロンビア代表は17分にオーバーエイジ枠で出場したテオフィロ・グティエレスのゴールで先制したものの、ミカエル・イシャクとアストリト・アイダレビッチにゴールを奪われスウェーデンに逆転を許した。最終的にはドルラン・パボンのPKでなんとか追いついてドローに持ち込んでいる。

 先制点を奪ったT・グティエレスは母国コロンビアのラジオ『ブルラジオ』で「2-1だったにもかかわらず、スウェーデンはペースを落としてこず、ボールを持ち続けた。そこで僕らは勝った」と試合を振り返った。

 同点ゴールにつながったPKは相手選手のヘディングでこぼれたボールを拾ったところから繰り出したカウンターによって生まれた。したたかに隙をうかがっていたコロンビアの粘りが実ったと言えるだろう。

 そしてT・グティエレスは追いついて勝ち点をもぎ取ったことで、日本戦に向けて自信を深めている。

「僕らはどんな場所でもいいサッカーや自分たちの特徴、メンタリティを見せてきた。彼ら(日本)はタフな相手だが、倒せると確信している」

 2年前のブラジルW杯も経験し、過酷な環境での戦い方を熟知したコロンビアのキャプテンをいかに封じるか。ナイジェリア戦で守備の課題を露呈した日本が勝利するための最も重要なポイントになるだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:8/6(土) 8:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。