ここから本文です

レスター会長が公約実現! 岡崎ら昨季優勝メンバー19人に1400万円の高級車をプレゼント

Football ZONE web 8/6(土) 9:25配信

総額2億7000万円! スタジアムの駐車場にブルーのBMWがずらりと並ぶ

 昨季、奇跡のプレミアリーグ初制覇を成し遂げたレスター・シティのビチャイ・スリヴァッダナプラバ会長は、日本代表FW岡崎慎司ら優勝メンバーにチームカラーと同じ鮮やかなブルーにカラーリングされた約1400万円相当の高級車を1台ずつプレゼントした。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 会長が公約を果たした。スリヴァッダナプラバ会長は、優勝を決めた今年5月にタイトル獲得の褒美として高級車の支給を約束。太っ腹な会長は、岡崎ら昨季の優勝メンバー19人のためにドイツの自動車メーカー「BMW」のスーパーカー「i8」シリーズのハイスペックモデル「i8s」を用意。1台の値段は10万4990ポンド(約1400万円)で、トータルで約200万ポンド(約2億7000万円)という超豪華な贈り物となった。

 選手のために用意された車はすでにキングパワースタジアムの駐車場に納車され、昨季のPFA年間最優秀選手のMFリヤド・マフレズが実際に車のドアを開ける様子や、ずらりと一斉に並べられた高級車の列を眺めるスタジアム職員の様子などがレポートされている。

 7日にマンチェスター・ユナイテッドとのコミュニティー・シールドで、ディフェンディング・チャンピオンとして本格的なシーズンの幕開けを迎えるが、選手のモチベーションを上げる最高のプレゼントになったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/6(土) 9:25

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。