ここから本文です

【浮気事件簿】泉ピン子 vs 冨永 愛 居酒屋デートを繰り返す地味な逆タマ夫は結局どちらを選ぶのか?

Suits-woman.jp 8/6(土) 10:00配信

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこかを紹介。

今回の依頼者は結婚3年になる山本優実さん(40歳)。彼女は都内の有名なデンタルクリニックで歯科衛生士をしています。カウンセリングルームには真っ赤なスポーツカーで颯爽と登場。フランスブランドの有名なバッグを持ち、幾何学模様のプリントで知られるワンピースを着ていました。靴は真っ赤なドライビングシューズで、大ぶりなサングラスをかけています。体型はやや小太りで、女優の泉ピン子さんになんとなく似ています。かつてのバブル時代の“いい女”を地で行くようなファションに、度肝を抜かれました。

優実さんが住んでいるのは東京都世田谷区の中でも、お金持ちが住むと知られているエリアで、実家は代々地主。ひとり娘の優実さんの家に、同じ年の旦那様(次男)はお婿さんに入る形で結婚したとのこと。まずは、おふたりの背景から伺いました。

「私と夫はゴルフが好きで、共通の友人が主宰するコンペで知り合ったんです。ともにバツイチ同士で、育った環境が似ていたこともあり、すぐに意気投合したんです。半年くらい友達期間が続いていたのですが、私のほうから誘う形で恋愛関係になりました。夫は最後まで嫌がっていたのですが、“結婚を前提として付き合ってほしい”と頼みこんだらしぶしぶOKしてくれました」

しかし、旦那様は交際がスタートすると、優実さんを人目もはばからず愛するようになったといいます。

「今まで私が交際した男性は、年上が多かったこともありますが、デートの時にあまりベタベタしなかったんですよね。例えば、人前で手をつなぐとか、荷物を持ってくれるとかそんなことはほとんどありませんでした。しかし、電車の中で肩を抱き寄せたり、手を握ったり、“愛してる”と何度も言ったり、愛情をダイレクトに表現するんですよ」

1/2ページ

最終更新:8/6(土) 10:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。