ここから本文です

嵐、スポーツ応援の新境地へ? 新曲「Power of the Paradise」でリオ五輪盛り上げる

リアルサウンド 8/6(土) 7:00配信

 嵐が50枚目となるニューシングル『Power of the Paradise』を9月14日にリリースすることが決定した。表題曲は、8月5日に開幕したリオオリンピック日本テレビ系の中継『リオデジャネイロ2016』のテーマソング。また、メインキャスターを櫻井翔が務めることも決定している。

 嵐は2016年に入り、2月には48枚目のシングル『復活LOVE』、5月には49枚目のシングル『I seek / Daylight』の2枚をリリースした。いずれもメンバー出演のTVCMとドラマ主題歌という大型タイアップ曲であったが、50枚目の記念すべきシングルはスポーツの祭典、オリンピック中継のテーマソングとなった。

 これまでも嵐は、日本テレビ系列のオリンピック中継を櫻井の司会と嵐の楽曲によって盛り上げてきた。2004年アテネ「Hero」(13枚目のシングル『瞳の中のGalaxy/Hero』)からはじまり、2008年北京「風の向こうへ」(23枚目のシングル『truth/風の向こうへ』)、2010年バンクーバー「揺らせ、今を」(29枚目のシングル『Troublemaker』)、2012年ロンドン「証」(12枚目のオリジナルアルバム『Popcorn』)、2014年ソチ「Road to Glory」(42枚目のシングル『Bittersweet』)でテーマソングを担当、櫻井も2008年北京からキャスターを務めており、夏冬あわせて5大会連続での抜擢となる。しかし、これまでのテーマソング起用曲はどれもアルバム収録曲やカップリング、最高でも両A面シングルでのリリースだった。今回のシングルは『Power of the Paradise』。テーマソングを堂々と表題に掲げたリリースは、これまでの起用曲以上に力の入った出来で、良曲揃いの嵐の楽曲のなかでもひときわ洗練された魅力を放つ楽曲となっている。

 「Power of the Paradise」は、7月2日放送の音楽特番『THE MUSIC DAY 夏のはじまり。』(日本テレビ系)ですでに初披露済み。「いよいよあと1カ月となったリオオリンピック」(松本)「日本から遠く離れた街、リオで」(相葉)「日の丸と期待を背負い」(大野)「世界の舞台で戦う選手達」(二宮)「エールをこの曲にのせて届けたいと思います」(櫻井)という挨拶のもと、パフォーマンスが行われた。同曲は、今年に入り続いていたアーバンな楽曲群と一線を画す爽快で壮大なサウンドが印象的で、途中にはスポーツ応援にかかせない「ニッポンチャチャチャ」のようなリズムを採用。手を振る振りや拳を掲げる振りなど、覚えやすい振り付けが多く取り入れられている。同曲がオリンピックの応援ムードを盛り上げることは間違いないだろう。ビデオクリップも、スポーツや応援に関連したものとなるのだろうか。リリースまでの続報を楽しみに待ちたい。

竹上尋子

最終更新:8/6(土) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。