ここから本文です

ジダン監督の21歳長男がプレミア上陸? ミドルスブラが期限付き移籍での獲得を検討か

Football ZONE web 8/6(土) 10:57配信

レアルの元コーチであるカランカ監督がエンツォの才能に注目

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督の長男で、レアル・マドリード・カスティージャに所属するMFエンツォ・ジダンに、プレミアリーグ・ミドルスブラへの移籍が浮上している。ジョゼ・モウリーニョ監督時代にアシスタントコーチを務めたアイトール・カランカ監督率いる“ボロ”が、スーパースター二世を獲得する準備を進めていると、英紙「デイリー・メール」が報じた。

【写真特集】スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 21歳のエンツォは偉大な父と同じく“白い巨人”の一員としてプレー。現在はレアルのBチームにあたるカスティージャ所属となっているが、今夏のプレシーズンでは次男のGKルカ・ジダン(18歳)とともにトップチームの試合にも出場している。

 とはいえ、トップチームではエンツォが主戦場とする攻撃的MFのポジションは激戦必至。カスティージャが所属するスペイン3部リーグもさらなるレベルアップの場所としてはふさわしくないと判断され、今夏にローン移籍で経験を積む可能性が浮上。スペインの複数クラブもエンツォに興味を示すなか、元レアルのカランカ監督率いるミドルスブラがルカの才能に注目しているという。

 父であり、同時に指揮官でもあるジネディーヌ・ジダン監督も、愛息子エンツォのプレミアリーグ移籍を容認するだろうとレポートされている。フランスの英雄として知られるジダン監督は現役時代にプレミアリーグでプレーすることはなかったが、今季はイングランドのピッチで華麗に躍動する“ジダン”の姿を見ることができるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/6(土) 10:57

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。