ここから本文です

スアレス、古巣リバプールとの対決に「親善試合でよかった」

フットボールチャンネル 8/6(土) 9:40配信

 バルセロナのFWルイス・スアレスは古巣リバプールとの親善試合を控え「公式戦でなくてよかった」と胸をなでおろしている。5日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 4シーズンプレーした古巣との対戦を前に、スアレスは、「何人かの友人もいるし、素晴らし瞬間になるだろう」とリバプールのWEBサイト向けにそう語る。

 そして「これが親善試合でホッとしている。もし、チャンピオンズリーグや他の大会だったら、リバプールと対戦するのはより難しいものになるだろうからね」と胸の内を明かす、

 スアレスは「みんな、リバプールが私の人生、私のキャリア、そして私のファミリーにとって大切な物であることを知っている。私の次男はリバプール生まれだ。私にとって本当に素晴らしい瞬間だった」とリバプール時代を振り返っている。

 この試合は、イングランドのウェンブリーで行われる。スアレスは「90,000人の前でプレーするのは選手の夢だ」と述べる。久しぶりにリバプールファンの前でプレーするスアレスは、バルセロナでさらに進化した姿を披露できるのか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/6(土) 9:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。