ここから本文です

46歳女性のお尻が2ヶ月でこんなに変化! ヒップ専用マシンの実力や如何に? [mi-mollet]

講談社 JOSEISHI.NET 8/6(土) 17:00配信

いよいよ夏本番! 薄着になる機会が増え、ヴァカンスで水着になる人もいるのでは? でも、「もっと痩せなきゃ…」「年齢とともに体のラインが崩れてきた」などと悩める人は多いはず。

ただ細いだけでは年齢的に貧相に見えてしまいかねないし、やっぱりメリハリのあるボディを目指したいところ。引き締まったウエストに、カーヴィーでキュッと上がったヒップであれば言うことなし!

「細くなりたいけど、胸とお尻は落としたくないって人は多いですよね? でも、脂肪のつく場所は自分で選べないから、筋トレでコントロールするしかないんです」

 そう話すのは、3月24日にGOLD'S GYM南青山店内にオープンした、女性専用パーソナルトレーニングジム「SPICE UP FITNESS」代表の岡部友トレーナー。岡部さんは自他ともに認める筋トレマニア。といっても、ムキムキどころか写真の通り、女性なら誰もが憧れるボディラインの持ち主です。

「SPICE UP FITNESS」では、指導トレーナーは全員女性。マンツーマンもしくは少人数制で、一人ひとりの体質や筋肉にあったトレーニングの指導を行っています。中でも最大の特徴が、ヒップトレーニングに力を入れているということ。

「お尻専門というわけではなく、全体のバランスを見ながらトレーニングをしていますよ! でも、お尻は見た目の問題だけでなく、お尻の筋肉はあらゆる動きに連動していて、健康を維持する上でも非常に重要な部位なんです」

 腰痛や膝の痛みは、実はお尻が使われていないことに原因があることが多いそう。特に、長時間座りっぱなしの生活を続けていると、本来お尻がやるべき動きを周囲の筋肉にフォローさせることになり、腰や膝にも負担がかかってしまいます。岡部さんは機能面でもお尻を重要視しており、「二足歩行している限り、絶対に鍛えなきゃだめ!」と断言します。

 そのために岡部さんが導入しているのが、ドイツから輸入したヒップ専用マシン「Glute Builder(グルーツビルダー)」。ヒップだけで10種類以上、バーベルなどと組み合わせれば30種類以上のトレーニングが可能なこのマシン。ヒップアップといえば、スクワットが定番では?

1/2ページ

最終更新:8/6(土) 17:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。