ここから本文です

「悲喜の行き違い」「屈辱」。韓国メディアは日本に厳しい評価。正反対だった日韓を比較【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/6(土) 11:00配信

リオ五輪サッカーにともに出場している日本と韓国。初戦で日本は敗北し、韓国は大勝、正反対の結果となった。これを受けて韓国メディアはどのような反応だったのか。(文:キム・ドンヒョン【城南】)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

「火力爆発」、韓国の大勝は喜々として伝えられる

 リオ五輪の正式開幕が1日前に迫った5日(日本時間)、サッカーのグループステージが本大会に先駆けてスタートを切った。開幕戦からネイマール擁するホームのブラジルが南アフリカと引き分けるなど衝撃のスタートだった一方、ロンドン五輪3・4位に並んだ日韓の両国は正反対の結果を迎えた。

 まず韓国は大会最弱チームとされるフィジーと対戦。プロ選手が1人しかいない相手に韓国メディアはもちろん多くのサッカー関係者から「勝つのは当然、どれだけゴールを奪うか」が最低ノルマとなっていた。

 もちろん相手の実力はさておき、メダル獲得で兵役免除となる特殊な状況もこのノルマ設定の底にある。まだ兵役の問題が残っているトッテナムのソン・フンミン、FCポルトのソク・チョンジュンなどレギュラーの韓国代表2人がオーバーエージ(OA)枠に加わっており、選手選考段階からメダル獲得への意地を見せた。韓国が五輪へかける思いはそれこそ切実だ。

 そして今日サルバドールで行われた初戦ではその「切実さ」が遺憾なく発揮された。レバークーゼンのユ・スンウが3ゴール2アシストと大爆発、22歳の若さで韓国代表MF陣に名を連ねるクォン・チャンフンとソク・ヒョンジュンが2ゴール、ソン・フンミンがPKで1点を追加し、韓国五輪サッカー史上最多である8得点を記録した。

 不安定さを指摘されていた守備も相手の攻撃力が脅威にはならなかったためか、この日は大きな問題がない様子。大量得点を期待していた韓国メディアも「火力爆発」(マイデイリー)、「ワンダフル」(OSEN)などの見出しで大勝を楽しんだ。

 一方の日本はまさかの守備崩壊が思わぬ結果を招く形となってしまった。韓国の試合が終わった直後、マナウスのアマゾニアアレナで開催されたナイジェリアとの試合で5-4の敗北を喫したのだ。

1/2ページ

最終更新:8/6(土) 11:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。