ここから本文です

モウリーニョがマンU副キャプテンに新加入のイブラを指名 7年ぶり共闘も揺るぎなき師弟関係

Football ZONE web 8/6(土) 16:40配信

絶対的カリスマの豊富な経験値に期待

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チームの副キャプテンに新加入のFWズラタン・イブラヒモビッチを指名する意向のようだ。英紙「ザ・サン」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 イブラヒモビッチは今夏、パリ・サンジェルマンを契約満了となり移籍金ゼロでユナイテッドに移籍。インテル時代に共闘していたモウリーニョ監督と7年ぶりの再会を果たすことになった。

 それまでもモウリーニョ監督とイブラヒモビッチは良好な関係を築いており、お互いをリスペクトするコメントをたびたび残していた。そして今季、モウリーニョ監督は厚い信頼を寄せるイブラヒモビッチに、副キャプテンという役割を託すことに決めたという。

 ユナイテッドの関係者は「クラブの選手、特に若いプレーヤーはズラタンに畏敬の念を抱いている。彼は高いレベルの経験値を備えており、他のリーダーがピッチに不在の時、明確なキャプテンとしてチームを引っ張る姿を見せてくれる」と語ったという。

 これまで数多くのトロフィーを掲げてきた34歳のストライカーは、主将のルーニーともう一人の副将MFマイケル・キャリックがピッチに立っていない場合、その腕にキャプテンマークを巻くことになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/6(土) 16:40

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。