ここから本文です

ゲッツェ、ドルトムントで復活誓う「新たな物語が始まる」

フットボールチャンネル 8/6(土) 19:40配信

 今夏バイエルン・ミュンヘンからドルトムントへ復帰したマリオ・ゲッツェは、慣れ親しんだ場所で復活への気持ちを新たにしている。地元紙『ルール・ナハリヒテン』のインタビューに応じ、移籍直後の心境を語った。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

「僕はここで育ち、練習場や街も知っているし、古い友人も何人かいる。もちろん新しくなったこともある。練習場の施設や、素晴らしい新たなコーチングスタッフがそうだ。でもいい感じだね。いまはここでの時間を楽しんでいる」

 少年時代から過ごした古巣に帰還し、バイエルン時代とは違う充実ぶりを感じさせるゲッツェ。「非常に才能のある若い選手たちもよくなじんでいて、いい感覚だ。大きなポテンシャルを秘めている」とチームの出来にも満足している。

 バイエルンでの3年間は決して本領を発揮できたとはいえず、不遇の時を過ごした。ゲッツェも「(移籍の)決断を下したとき、すでに簡単な状況ではなかった。ドルトムントでキャリアを終えることを想像していたけど、数週間、数ヶ月のうちに状況が変わっていたんだ」と認めている。一方で「これから新たな物語が始まるよ」と古巣復帰を機に気持ちを入れ替えたようだ。

 ゲッツェはトーマス・トゥヘル監督率いる新チームで親善試合に出場し、徐々に信頼を取り戻しつつある。「本拠地でプレーする最初の試合の雰囲気が楽しみ」と語り、新シーズンに向けて闘志を燃やしている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/6(土) 19:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。