ここから本文です

メッシ代表復帰へ、アルゼンチン大統領も後押し「彼に愛と感謝を捧げよう」

フットボールチャンネル 8/6(土) 22:00配信

 リオネル・メッシのアルゼンチン代表復帰を後押しする声は、サッカー界にとどまらない。アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領もその一人だ。5日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 リオ五輪開会式参加のため、同地を訪れているマクリ大統領は、代表引退を表明しているメッシについて「彼はロシアワールドカップでチームを引っ張ってくれる。そして我々はベストチームの一つに返り咲くのだ」と述べ、「メッシは我々にとって最大の贈り物だ。我々は彼が心地よくいられるように、愛情や感謝を捧げねばならない」とコメントしている。

 そして、コパ・アメリカ後にメッシと話したという大統領は「彼に感謝と祝福を伝えた。彼はできる限りのことをやってくれたが、時として物事はうまく運ばない」と語り、「主要国際大会で3連続の決勝敗退だが、一度も負けてはいないのだよ(全て、延長戦、PK戦での敗戦)。これは非常におかしなことだ」と続けている。

 新監督も決まり、新たに歩み出したアルゼンチン代表。代表引退表明後、ノーコメントを貫くメッシの今後が注目されるが、一国の大統領にこうした発言をさせてしまうのは、さすがはスーパースターといったところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/6(土) 22:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。