ここから本文です

お金の心配で見た目が老ける? 調査で明らかに

Forbes JAPAN 8/6(土) 16:00配信

お金の問題に関するストレスは、それがあるというだけでも十分によくないことだ。そうしたストレスは夜よく眠れなくなるという以外にも、あなたにとってよくないことをもたらす可能性がある──あなたを老けさせるのだ(夜睡眠が十分に取れないから老ける、ということかもしれないが)。



専門誌「リサーチ・オン・エイジング」に先ごろ掲載された調査結果によると、お金の問題で強いストレスを感じている人は10年が経過する間に、それ以上年を取ったように外見の印象が変化することが分かった。

調査は200人を超える対象者に、「財政的ストレス」を自己評価してもらい、1994~1995年と2004~2005年に1回ずつ、写真を撮影した。そして、対象者とは別のグループに、対象者の写真を見て年齢を推測してもらった。すると、より高いストレスを感じている人たちの方が、より年上に見られる傾向があることが確認されたのだ。

「それはそうだろう」と思われるかもしれない。ストレスは精神的な疲労をもたらすものだ。しかし、調査を行った専門家らは、その他の種類のストレスについても同じ調査を実施。ストレスが人の年齢の感じ方にどう影響するかについて調べた。すると、お金による問題がより大きな影響を及ぼしていることが分かった。また、お金の問題を抱えている4人に1人には、心的外傷後ストレス障害(PTSD)のような症状もみられたという。

興味深い点は、お金の問題に関するストレスを抱えている人でも、それによって急速に老け込んでいると「自分で感じる」ことはないということだ。つまり、その人自身の自分の年齢に対する感じ方ではなく、他人から見た場合の年齢が引き上げられるということだ。

影響が出るのは「外見」

調査結果をまとめた論文の共著者の一人、ブランダイス大学心理学部のマージー・ラクマン教授は、「その人が自分の年齢をどう感じるか、自分が何歳にみられていると思うか」という主観的な見方には影響は出ないと指摘。他人の目から見た場合の外見的な印象が変わるのだと述べている。

教授はこの原因について、お金の問題でストレスを抱えている人は、自分の外見に気を遣わなくなったり、健康的な行動のために使う時間を減らしてしまったりする可能性があると説明。「美容や健康的な食習慣を心がけること、運動をすること、睡眠を取ることは、人の外見にも影響する」「ストレスは、細胞レベルでの加齢を促すことにつながる。財政的なストレスは、最も強いストレスを引き起こす原因とみられる」と話している。

あなたがお金の問題によるストレスの重圧を感じ、不安定になっているとすれば、どうするのが最善の策なのだろうか?ストレス解消のための効果的な方法や戦略はいくつもある。運動をしたり、瞑想をしたり、芸術作品の制作に挑戦してみたりすることもできる。緊急時のために貯金しておく金額を増やせば、倒れたときに守ってくれる、より大きなクッションを手に入れたと思えるようになる。

努力が必要だ。だが、あらゆる面において、努力から得られる結果には価値がある。ラクマン教授によれば、「ストレスは人の健康や幸福に害を及ぼす。真剣に受け止めるべきものだ」。そして、「お金の問題に対応ができれば、若々しい外見という利益も得ることができるだろう」。

Kate Ashford

最終更新:8/6(土) 16:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント