ここから本文です

【リオ五輪】切り札の浅野は「1点差なら俺がなんとかする」。あとがないコロンビア戦で爆発なるか

SOCCER DIGEST Web 8/6(土) 16:10配信

「チームが窮地に立たされている時に何ができるか。僕にとってそれはゴールかなと」

 大量5失点を喫したナイジェリア戦、浅野拓磨はチーム3点目のゴールを挙げ、アフリカ王者相手に一矢報いた。一夜明け、「一人ひとり悔しい想いをしている」(浅野)なかでも、チームの雰囲気は決して悪くないようだ。浅野自身、気持ちはすでに次のコロンビア戦に切り替わっているという。
 
「(昨日は)勝利につながるゴールではなかったので、嬉しさはあまりなかったです。試合が終わって悔しさしかなかったし、その悔しさは次の試合でしか晴らせない。僕らは残り2試合勝たないといけなくて、今、窮地に立たされていると思います。そんな時に何ができるのか。僕にとってそれはゴールかなと」
 
 では、FWの浅野から見た、今のチームの課題とは――。すかさず、「ナイジェリア戦で言えば明らかに失点のところ」と答が返ってくる。
 
「失点は一人だけのミスだけじゃない。チーム全体でまずは守備から入って、失点を少なくするところが一番の課題になってくる。昨日もナイジェリアに崩されたかと言えば、そこまで崩された失点は多くありませんでした。ひとつ前でプレーを切っておくべきなのか、寄せる局面でもう一歩寄せるのか、そういう部分の勝負になってくると思います」
 
 ナイジェリアと対峙し、浅野は五輪の舞台でも戦える手応えを得たという。だからこそ、自分のゴールで勝利に貢献したいという想いが強くなっている。おそらく、コロンビア戦でも手倉森監督は浅野をスーパーサブとして起用し、勝負所で投入してくるだろう。ナイジェリア戦では出場時に2点ビハインドの状況だったが、1点差であれば自分がなんとかしてみせると力強く宣言する。
 
「ナイジェリア戦はもっとやれたとは思いますけど、この舞台でもできるという感覚はありました。もし(コロンビア戦)も途中から出場するなら、最低でも1点を追う状況であれば、僕が出ればなんとかする気持ちでピッチに立っています。もちろん、2点、3点を追う立場でも諦めることありませんが、チームとして最低1点差に抑えられれば、後半勝負に出られる。僕の強さはそこだし、ゴールという結果でチームに貢献したいですね」
 
 グループリーグ突破に向けて、手倉森ジャパンにはもうあとがない。それだけに、浅野のゴールには否応なしに期待が懸かる。コロンビア戦でチームを勝利に導くゴールを挙げ、世界の舞台で会心の“ジャガーポーズ”を披露してほしい。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト特派)

【リオ五輪PHOTO】ナイジェリア戦から一夜明けた選手の表情

最終更新:8/7(日) 5:11

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。