ここから本文です

中国資本へ身売り間近のミラン。ガッリアーニ副会長の後任として、インテルの前GDがフロント入りとも

SOCCER DIGEST Web 8/6(土) 16:54配信

「ベルルスコーニは名誉会長職に留まる」が、ガッリアーニの処遇は不透明。

 セリエAの名門ACミランが、ついに中国資本への身売りに向けて動き出した。
 
 8月5日(金)午後2時6分、ミランの親会社にあたる『フィニンベスト』は、同社が保有する99.93%の株式を総額7億4000万ユーロ(約836億円)で、中国投資グループへ譲渡する仮契約が発効したことを発表した。ANSA通信や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など地元メディアも一斉に報道した。
 
 電撃的に買収に動いたのは、「ハイシャ・キャピタル・マネジメント」社と「シノ・ヨーロッパ・スポーツ・インベスティメント」社という中国のベンチャーキャピタル企業で、彼らの事業内容など詳細はまだ明らかにされていない。
 
 株式の正式譲渡は今年末までに完了するとされ、「30年間に渡りオーナーを務めてきたシルビオ・ベルルスコーニ元イタリア首相は名誉会長職に留まる」とANSA通信は伝えている。
 
 ただし、オーナーと二人三脚でミランの黄金時代を築き上げ、チーム強化を一手に担ってきたアドリアーノ・ガッリアーニ副会長の今後の処遇は不透明だ。
 
 経営陣交代によるクラブ改革は不可避だろう。後任としてインテルの前GD(ゼネラル・ディレクター)マルコ・ファッソーネのフロント入りが決定的とも報じられており、ミラニスタの間には動揺が広がっている。
 
 同じく8月5日、チームは米国ツアーからイタリアへ帰国。一報を伝えられたヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督は、ベルルスコーニの業績に敬意を表しつつ、「新オーナーたちが何を求めているのか見極めたい」と慎重なコメントを述べた。
 
 本田圭佑ら選手たちの処遇にも影響を与えるであろう、今夏の移籍市場へどの程度チャイナマネーを注ぎ込めるのか。現時点で明確な答えを出せる人間はそう多くはいないはずだ。
 
 南半球ではリオ五輪が開幕した。しかし、イタリアの今週末は「ミラン、ついに売却」のニュース一色になることは間違いない。
 
文:弓削高志(スポーツライター)

欧州スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

最終更新:8/6(土) 18:22

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。