ここから本文です

【リオ五輪】岩波のスタメン奪取はあるか!? 「自分だったらあそこまでやられなかった気持ちはある」

SOCCER DIGEST Web 8/6(土) 18:01配信

「目標に掲げてきたメダルのために、ピッチで結果を残せるように準備したい」

 グループリーグ初戦、岩波拓也に待ち望んでいた五輪デビューの瞬間は巡って来なかった。チーム立ち上げ当初から植田直通とともに守備を支えてきた男に、手倉森ジャパン初の5失点はどのように映ったのか。

【リオ五輪PHOTO】ナイジェリア戦から一夜明けた選手の表情



「ナイジェリアにファーストプレーでやられてしまって、少しバタバタした印象がありました。5失点を振り返ると、ほとんどイージーなミスから。攻撃陣にしたら歯痒かっただろうし、4点取って勝てない試合は少ない。初戦が一番大事なのはみんな分かっていたなかで、大量失点したショックは大きい。チームとして反省しないといけない」
 
 イージーミスと表現するのは簡単だが、すべての物事には理由が存在する。岩波はマークの受け渡しとラインコントロールが上手くいっていなかったと分析する。
 
「単純にマークの受け渡しや、ラインコントロールは、あまり上手くいってなかったと思います。実際、3点目、4点目を取られた場面は、ひとりラインが下がって、そこから1対1を仕掛けられてのもの。やられた後もみんな黙って、やられっぱなしだったので、声を出してコミュニケーションを取ることは必要かなと」
 
 ブラジル戦、ナイジェリア戦と植田と塩谷司のCBコンビが失点に絡んだ。最終ライン全体で見てもオーバーエイジの塩谷、藤春廣輝と半分が入れ替わっており、コンビネーション面の影響があるのではないかと焦点が当てられている。岩波は「それは俺が言えることではない」とする一方で、「自分が出たら……」と想いの丈を語る。
 
「(ナイジェリア戦は)すごくピッチに立ちたかったし、自分だったらあれほどやられなかったんじゃないかという気持ちは少なからずあります。それがなかったらダメだと思うし。実際、自分に出番が回ってきた時にしっかりしたプレーを見せたいですね。
 
 ふたつ勝てば可能性はあるし、スウェーデンとコロンビアが引き分けたことで、自分たちにもチャンスがある。せっかくオリンピックに来て、このまま終わったら後悔すると思います。目標に掲げてきたメダルのために、ピッチで結果を残せるように準備したい」
 
 一戦必勝のコロンビア戦は、グループリーグ突破に望みをつなぐ大一番となる。夢だった五輪の地を踏むだけでは満足できない。試合に出て、守備で苦しむチームのために戦う。決意を新たにした岩波は、手倉森ジャパンの救世主となるだろうか。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト特派)

最終更新:8/6(土) 20:37

SOCCER DIGEST Web