ここから本文です

GK西川が先制点をアシスト&武藤が2ゴール!ホーム通算500試合目の浦和が、湘南に4-1快勝

SOCCER DIGEST Web 8/6(土) 20:36配信

浦和は年間順位2位で、首位の川崎をピタリと追走。

[J1第2ステージ7節]浦和4-1湘南 8月6日/埼玉
 
 J1第2ステージ7節の浦和対広島が8月6日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、浦和が4-1で勝利した。



 先制点が生まれたのは開始8分。GK西川が前線にフィードを送ると、これに関根が反応。飛び出して来たGK村山の鼻先でボールに触り、無人のゴールに流し込んだ。
 
 湘南GK村山の判断ミスがあったにせよ、ラインの裏を突く関根の巧みな動き出しと、GK西川の高精度フィードが絶妙に噛み合ったファインゴールだった。
 
 さらに浦和は42分、カウンターから柏木→李とつなぎ、最後は武藤がGKをかわしてゴール。リードを2点とする。
 
 一方の湘南は直後の44分、左サイドを抜け出した菊池のクロスに大槻が詰めて1点差に詰め寄った。
 
 後半は一進一退の攻防が続くなか、63分に浦和が追加点を見舞う。柏木のCKがファーサイドに流れると、そこに待っていたのは槙野。腿トラップから右足を振り抜き、チームの3点目を挙げた。
 
 その後も浦和は湘南の攻撃をいなしながらカウンターを狙い、81分には槙野のパスで抜け出した宇賀神がGKと1対1に。シュートは惜しくもポストに当たってしまったが、質の高いチャンスを作った。
 
 そして終了間際の90+2分に、カウンターから最後は武藤が決めて4点目。そのまま終了の笛が鳴り、4-1で浦和が勝利した。
 
 浦和はこの試合がホーム通算500試合目。メモリアルマッチできっちりと勝ち切り、リーグ3連勝を飾って年間順位2位をキープし、首位の川崎をピタリと追走している。

最終更新:8/6(土) 22:25

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。