ここから本文です

クリント・イーストウッド、トランプの人種差別的発言を擁護:「マスコミや民衆は過剰」

ローリングストーン日本版 8/6(土) 11:00配信

「本当に情けない時代だ。みんな過剰に慎重になってる。俺が育った時代なら、トランプの発言が人種差別的だなんて言われなかっただろう」と、イーストウッドは語った。

民主党全国大会における歴史に残るヒラリー・クリントンの情熱的なスピーチ

イーストウッドはエスクァイア誌のインタビューで、現代を「悲しい時代」と嘆き、アメリカが低迷している理由は「誰も働きたくない、情けない時代」のせいだと語った。そして、現在のアメリカ大統領選においてどの候補者を支持するか表明してこなかったが、「トランプを支持せざるを得ないだろう」と共和党候補を支持する意向を明かした。

一方で、選挙キャンペーンにおけるトランプの過ちを認めてもいる。"メキシコ系判事はトランプ大学に対する集団訴訟において公平な判決が下せなかった"とトランプが強く非難したことに関しては、イーストウッドは「彼はバカな発言をたくさんした」と述べている。

しかし、「トランプにも評価すべき点はある。みんな陰では政治的正当性を問うことに疲れているはずだ。今はそうやってこびへつらう情けない時代。みんな薄氷を踏む思いをしながら生きてる。"あいつは人種差別主義者だ"と互いを責め立て合いながらね。俺が育った時代なら、トランプの発言が人種差別的だなんて言われなかっただろう」とも語っている。

そして、繰り返しこう述べた。「マスコミや民衆は"おお、それは人種差別的だ"とすぐに騒ぎ立てる。いい加減、終わりにしようぜ。悲しい時代だよ、まったく」

イーストウッドは、アメリカを本来あるべき姿に取り戻すため「為すべきことを為すだけ」とシンプルな提言をし、「怒り狂いそうだよ。俺の親父の格言じゃないけど、みんな身の丈に合った言動をすべきだ」と忠告している。

イーストウッドの監督最新作は、トム・ハンクス主演の「ハドソン川の奇跡」で、2016年9月24日に全国公開される。

Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

Elias Leight

最終更新:8/6(土) 11:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。