ここから本文です

北島康介&本田圭佑が「勝利の哲学」を語り合う!?

Smartザテレビジョン 8/7(日) 6:00配信

リアルタイム対戦型の新感覚カードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル(以下、クラロワ)」の新テレビCM『負けたくない勝負』シリーズが、8月5日より放映を開始。同CMに、元五輪競泳の金メダリスト・北島康介と、サッカー日本代表・本田圭佑が出演している。

【写真を見る】北島康介は、本田圭佑について「物事がはっきり言えて、自己分析もきちんとできて、なおかつ自分がこれからどう進むべきかを、きち んと判断できる人」と印象を

「クラロワ」は、3分間の戦闘中、手持ちのカードを使って自分のタワーを守りながら、敵のタワーを攻めていくリアルタイム対戦型のモバイルゲーム。最大8枚のカードで構成されるデッキを駆使した、戦略性の高い新感覚カードゲームが人気を博している。

今回のCMでは、北島と本田がそれぞれ、勝負に対する精神や哲学を本気で語る姿と、実際に「クラロワ」をプレイする様子を描いた二部構成で展開。

前半では、勝負の楽しさや二人の「負けず嫌い」な一面がうかがえる言葉や、貴重なエピソードが次々と飛び出す。そして後半は、スポーツに挑む姿と同様、真剣勝負で「クラロワ」を楽しむ姿が印象的な、見どころ満載の作品に仕上がっている。

勝負の哲学や負けず嫌いについて語るシーンは、カメラ目線の位置に立つインタビュアーの質問に、北島と本田がそれぞれ自分自身の言葉で答えるスタイルで撮影。最初の質問は、今回のCMのテーマでもある「負けたくない勝負」について。

「かなりの負けず嫌いです。勝負事は負けたくないし、これからもそういう姿勢は崩したくない」と強い口調で語る北島の姿からは、現役時代を彷彿(ほうふつ)とさせる勝負師のオーラが漂っていたそう。

「勝負に夢中になり過ぎると、何も見えなくなる」という北島自身、勝負に行く時は「自分の泳ぎをする、ただそれだけ。周りの空気なんて一切読まない」ほど集中し切っているのだとか。

「そして、自分が必ず勝つと言い聞かせる。最初から勝てないかもしれないなんて思ってたら、世界と勝負できません」と、世界の頂点を極めた極意の一端を明かしていた。

一方の本田は「負けず嫌いですか?」との質問に「負けず嫌いです」と即答。「サッカー、ゲームに限らず、始めたら勝つまでやり続ける」「負けると思った瞬間から、負ける確率が上がる。だからいつも、勝つことだけを考える」と、普段なかなか聞けない思考や信念、行動の習慣などを次々と明かした。

また、「負けず嫌い世界ランキングがあるとしたら、本田さんは何番目?」という質問に、「常に一番になりたいと思って行動している」と、どんなことでもトップを目指す自身のスタンスを語っていた。

自身の「負けず嫌い」を物語るエピソードについて、北島は「とにかく負けたくないって気持ちが勝って、自分の能力以上のものを出したがる」そう。過去には「負けず嫌いが高じて、腕相撲での肉離れや、サッカーでの足首骨折も経験した」というまさかの体験を明かし、スタッフも驚きを隠せなかった。

本田は「勝ち逃げした兄弟や友達を捕まえて、とにかく勝つまでやる。僕は日を持ち越すので、ホンマしつこいですよ」と、幼き日の思い出を懐かしそうに振り返る。

さらに、当時はかくれんぼでも負けたくなかったらしく、「マンホールの中に隠れて、夜まで隠れ切った。集中すると、時間が短くなる」という驚がくのエピソードも。「最後まで探さなかった友達には、もちろん後でガッツリ説教しました」と告白すると、現場は大きな笑い声に包まれた。

撮影を振り返り、北島は「初めてのことも多く、緊張もしましたが、スタッフが笑わせてくれたり、ゲームをやらせてもらったり、非常に楽しく撮影することができました。ただ、最後はゲームに負けたところで監督からOKが出たので、少しモヤモヤが残る終わり方でしたね(笑)。勝って終われないっていう。

今日の撮影のために、クラロワをやり込んでいる弟と何度も対戦して、腕を磨き上げて、照準を合わせてきたつもりなんですけど、家帰って、また自分のデッキを強くして勝ち進んで、強いコマを増やしたいと思います」と、既にハマっていることを明かした。

「負けず嫌い日本代表」として出演した北島は、もし「負けたくない勝負」で負けてしまったときにすべきことを聞かれると、「負けること自体、悪いことではないと自分に言い聞かせることですね。

選手時代は、負けた後の方が、いろんなことを吸収できましたからね。何で負けたのか、次どうやったら勝てるのか、考える力がつくし、成長できるきっかけにもなります。

やっぱり勝てるか勝てないか分からないのが、勝負の面白いところなので、負けた時、じゃあ自分は次、何ができるだろうってポジティブに考える方が楽しいと思います」と、現役時代の実感を込めて語った。

それに対し、本田は撮影を振り返って「いろんなパターンがあったんですけど、一番面白かったのは実際にゲームをするところ。撮影する前、めちゃくちゃ強い人と対戦するから、多分負けるよと言われましたが、いざ本番では、しっかり結果を出すことができました。

だから、今回のコンセプトの負けず嫌いって部分が、映像で撮れているのかなという心配はありますね。もしかしたら、スタッフが気を使ってくれたんちゃいますかね。本田を気持ちよく帰らそうって」と、スタッフに勝利したことにご満悦の様子。

サッカー以外での「負けたくない戦い」について聞かれると「自分は結構失敗を繰り返しているんですけど、それってゲームをコンティニューしているようなところがあるんですよね。

一つの人生で考えた時に、失敗はあくまでも過程だと。どこで勝敗がつくかっていうのを、すごく広い範囲で見ているというか。最近そういう負けられない戦いがあったかと言われたら、常にあるし、一方でまだ勝敗はついてない。そんな感じの答えになってしまいますかね」と、ゲームになぞらえて語った。

最後に、北島は「僕もクラロワを遊んでいますが、非常に楽しく、負けず嫌いを十分発揮させてもらっています。一度やってみると、どんどんどんどんのめりこんでいってしまうゲームなので、ぜひ皆さんも僕と一緒に楽しみましょう!」とコメント。

本田も「ぜひ一度やってみてください。ハマると思うので、ハマり過ぎにご注意を。そのぐらい面白いです!」と、メッセージを送った。

最終更新:8/7(日) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ