ここから本文です

ご先祖様がごくごく!飲料型ろうそくで迎え火・送り火

東京ウォーカー 8/7(日) 7:30配信

お盆には送り火や迎え火など、先祖の霊を送迎する習慣がある。しかし提灯や焙烙(土鍋の一種)のように装置が大きいケースもあり、火事などが懸念されて断念することも。

【写真を見る】コーヒーは2016年の新製品! アイスコーヒーキャンドル 680円(税抜)

そんな悩みに対し、カメヤマ株式会社が新たな提案を掲げている。累計約270万個以上売りあげとなった大人気の「好物キャンドル」を使った送り火、迎え火だ。

たとえば「おじいちゃんビールが好きだったね」ということであれば、生ビールのジョッキ型のものと枝豆をかたどったキャンドルでお迎え。キャンドルが燃えていくにつれて減っていけば、「おじいちゃん、ごくごく飲んでるね」「よく縁側でビール飲んでたよね」といった会話で家族や親戚と思い出話に花を咲かせることに。

「好物キャンドル」のラインナップはいろいろ。アイスコーヒーやお茶といったドリンク系からおつまみ、デザート系まであるので、お迎えするご先祖様によって使い分けてもいい。

普段は離れて暮らす親族が揃う機会でもあるお盆。よりアットホームになる送り火、迎え火で過ごしてみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/7(日) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。