ここから本文です

sora tob sakana、「TIF」でも輝く☆

Smartザテレビジョン 8/7(日) 21:32配信

sora tob sakanaが8月7日、「TOKYO IDOL FESTIVAL」(TIF)の3日目に登場。「FESTIVAL STAGE」でパフォーマンスを行った。

【写真を見る】おなじみのSEと「sora tob sakana始めます」でステージはスタート!

sora tob sakanaは、'14年7月に「ふらっぺidolぷろじぇくと」の第2弾ユニットとして結成。「未完成が完成に近づけるように、そして空に飛び立っていけるように!」をコンセプトに、現在は寺口夏花、風間玲マライカ、神崎風花、山崎愛の4人で活動している。

'16年7月には2ndワンマンライブを開催し、さらに、1stアルバム『sora tob sakana』もリリースした。

1日目から3日連続での参加となったsora tob sakana。この日のステージも、おなじみのSEと「sora tob sakana始めます」という一言でスタートした。

キラキラしたサウンドが印象的な「まぶしい」で始まり、全てのパートがソロによる歌唱という「魔法の言葉」、等身大の恋心をつづった歌詞がどこか懐かしい気持ちにさせてくれる「夏の扉」と、『sora tob sakana』にも収録されている楽曲を立て続けに歌い上げる。

エレクトロサウンドに乗せて、彼女たちの特徴ともいえるノスタルジックで切ない世界観を、はかなくも力強さを感じさせるボーカルで表現。sora tob sakanaの魅力をアイドルファンたちに見せつけ、'16年「TIF」のラストステージを終えた。

最終更新:8/7(日) 21:32

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。