ここから本文です

“テイルズ”アニメ新作第5話、導師としての第一歩

Smartザテレビジョン 8/7(日) 21:41配信

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」(毎週日曜夜11:00-11:30ほか)の第5話『#04 導師のさだめ』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第5話では、 導師となり“憑魔(ひょうま)”を倒したものの意識を失ってしまったスレイは、無事目を覚ます

本作は、RPGゲーム「テイルズ オブ」シリーズの20周年記念作品をアニメ化。人の目には見えない霊的な存在「天族」に囲まれて育った人間の青年・スレイは、ある日、生まれて初めて人間の都を訪れる。そこで妙な事件に巻き込まれたスレイは、成り行きから石に突き刺さる聖剣を引き抜き、世界の災厄を払う「導師」となる。

【第5話『#04 導師のさだめ』】

レディレイクに現れた“憑魔(ひょうま)”から人々を救うため、導師となるべく湖の乙女の聖剣を抜いたスレイ。憑魔は倒せたものの倒れてしまったスレイだったが、無事意識を取り戻す。アリーシャから伝説の導師の衣装になぞらえた導師服を受け取り街に出たスレイは、あちこちに導師の紋章が入った旗が掲げられているのを目にし、導師への期待を肌で感じることになる。

その後、スレイは湖の乙女・ライラの器となったことで自分が“穢(けが)れ”を感じ取れるようになったことを知り、水道遺跡から感じる穢れの原因を探ろうとする。

なお第6話は、TOKYO MXでは8月7日(日)夜11時より放送。第5話が放送となる岡山放送(OHK)は8月7日(日)深夜2時15分から、高知さんさんテレビ(KSS)では8月10日(水)深夜2時5分からの放送に変更となっているので注意しよう!

最終更新:8/7(日) 21:41

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。