ここから本文です

恋愛指南本を書く女

本の話WEB 8/7(日) 12:00配信

 いったい恋愛指南本を読んでいる女性について男性はどう思うのでしょうか。あの、ピンク色の表紙だらけのコーナーにある本のことですね。女性としてはこれらの本が異性どころか同性に見つかっても恥ずかしいんですよ。「うわっ、この子恋愛でうまくいってないんだ」「ハッピーオーラ欲しいんだ」「必死」なんて思われるのは辛い。いくら恋愛に対して必死であっても表面上は「恋愛? まあタイミングがあえばしてもいいけど今は仕事が忙しいかな……」みたいな涼しい顔をしていたいものなのであります。

 しかし、恋愛中や恋愛飢餓中の人は藁にでもすがろうとしますから、買ったことはなくても誰かから借りてこの手の本を読んだことがあるって女性は結構いると思うんですよ。まあ、私は何をどうこじらせたのか書く側に回ったわけですが……。

 書く側に回ってみて「恋愛指南本を書く女なんか男性は絶対嫌いだろう」という被害妄想も生まれ、男性と出会っても「まあ、恋愛指南本なんか書いてる私のこと本気になるわけないですよねー」みたいなスタンスで過ごしておりました。私の中では女性向け恋愛指南本はその存在を絶対男性に悟らせちゃいけないものだという認識だったのであります。

 しかし! 意外や意外。知り合いの男性三人に「女の子が恋愛指南本読んでいたらどう思う?」と聞いてみたら「別に引かない」「女の子が今どんな状況なのかわかる一つの情報を得られるからむしろ話しやすい」「ちょっとイケるかもと思ってテンションが上がる」との答えが! ええーーー引かないの!? 詳しく話を聞くと、「女の人が何を考えているかがそもそも見当つかないから、こういう本があるとどういうキャラに見られたがっているのかとか方向性が見えてありがたい。会話のきっかけが生まれる」だったり「あっちも恋愛に興味があるってことは少しイケそうな感じがする」だったり。そうか、恋愛指南本を読むのって、一つの隙になるのか……。

 いや、もちろんドン引きする男性もたくさんいると思うんですよ。私の知り合い三人ともちょっとスケベに偏っている人たちだし。でも、中には引かない人もいるのかあ、なんて思ったんです。

 だからといって恋愛指南本を書いてる女が引かれないかといったらそうではない。彼氏ができないできないとヒーヒー言いながらやっとした結婚。夫の両親はいったいどう思っているんだろうという不安が。私が親だったらそんな女絶対嫌だけども……。恋愛指南本、読むは良い良い、書くと怖い……のです。

文とイラスト:犬山 紙子

最終更新:8/7(日) 12:00

本の話WEB