ここから本文です

舞台『おそ松さん』出演の植田圭輔「“2.5次元俳優”とくくられるのは嫌」

週刊女性PRIME 8/7(日) 5:00配信

 2.5次元ブームについて聞くと、植田圭輔はこう淡々と答えた。

「求められているうちが華なので、お話をいただける間は舞台のお仕事を全力でやりたいと思います。ただ、このジャンルに縛られた俳優にはなりたくないので、しがみつくものでもないと思っています。

 “2.5次元舞台に出たい”という役者が増えてきているという話を聞くと、素直にうれしいです。でも、このブームにあぐらをかいていると後悔すると思う。だから客観的に見る目も持っていないと」

 可愛らしいルックスとは裏腹に、発する言葉からは強い信念が感じられる。

「ボク、死ぬほど負けず嫌いなんです。ブームで興味を持ってくれる人が増えるのはうれしいけど、“2.5次元俳優”と簡単にくくられるのは嫌。どの役者だって信念を持って演じているし、声やビジュアルを近づけるだけで生き残れるほど、甘い世界ではないですから」

 とはいいつつ、舞台や原作の漫画やアニメにハマるファンの気持ちもわかるとか。

「北村諒とは仲がよくて、一緒にアニメ『あの花』の聖地巡礼に行ったんです。だから作品の世界観がいい、っていう感覚はわかります。

 誘われて楽しそうならどんなものでも体験したいタイプ。なので役者だけでなく、チャンスがあれば演出などにも挑戦してみたいですね!」

 好きな女性のキャラクターは? 

「『あの花』のめんまちゃん。小さくて女の子らしくて可愛いですよね。でもリアルな女性に関しては、僕(165cm)より背が高くても気になりません!」

【プロフィール】
◎植田圭輔(うえだ・けいすけ)
1989年9月5日生まれ。大阪府出身。『インフェルノ』(9月3日~11日シアターGロッソ)に主演、さらにミュージカル『ヘタリア』第2弾への出演も決定している。

【作品情報】
◎舞台『おそ松さん on STAGE』
9月29日~10月3日大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、10月13日~23日東京・Zeppブルーシアター六本木で上演される。植田圭輔は三男・チョロ松役で出演。

最終更新:8/7(日) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)