ここから本文です

お盆は墓参りに行くべき?意外と知らないお盆の基礎知識

@DIME 8/7(日) 11:04配信

仏教の伝統行事、お盆は、亡くなったご先祖様が自宅に帰ってくるといわれる行事。仏事関連総合サービスのメモリアルアートの大野屋が運営する「大野屋テレホンセンター」にはこの時期、お盆の準備やマナーに関する問い合わせ急増するという。今回は、実際にテレホンセンターに寄せられた問い合わせの中から準備物やマナーなど、身に着けておきたい基礎知識を紹介。また、同社webshopの最新の仏事グッズ売り上げランキング(2016年5月)も紹介する。

■お盆に関する様々な疑問

お盆が近づくと問い合わせが急増する内容には、次のようなものがある。

Q.お盆には、いつからいつまで何をすればいい?
A.今年のお盆は8月13日~16日。ちなみに新盆は7月13日~16日だった。7月のお盆の場合は6月の早めの時期に、8月のお盆は7月の早めの時期に法要の依頼や盆提灯の手配をする。
◆~7月12日、8月12日:盆棚や提灯を組み立てるなど事前に準備を行なう。
◆7月13日、8月13日:盆棚に位牌を移し、お供えをし、外が暗くなってきたら迎え火を焚く。
◆7月14日、8月14日:朝夕、霊膳などのご馳走をつくり盆棚へお供えする。
◆7月15日または16日、8月15日または16日:ご先祖様は午前中まで自宅にいると言われるので、ご馳走をお供えする。外が暗くなってきたら送り火を焚き、ご先祖様をお送りする。

Q.提灯は絶対に必要なものなのでしょうか?
A.盆提灯には、ご先祖様が自宅に帰っている際、明かりが目印になるという意味合いがある。また、左右に置かれた盆提灯の明かりがご先祖様の通り道になるとも言われており、一対で用意するのが正式とされている。ただ盆提灯は、高さが60~70cmほどなので、対で置くにはそれなりのスペースが必要になる。住宅事情によっては、盆提灯は一つだけでも構わない。また、最近は卓上に置ける小型の提灯も出てきている。

Q.納骨前でもお盆の供養は必要でしょうか?
A.墓地の事情などで四十九日を過ぎてはいても遺骨を自宅に安置したままというケースは少なくないもの。「お骨があるのだから、亡くなった人はずっと自宅にいるはず」と考えてしまいがちだが、お盆がご先祖様をお迎えする行事であることには変わりない。遺骨が自宅にある場合でもお盆は行なう。

Q.マンションなどで送り火や迎え火を焚けない場合はどうすればよいでしょうか?
A.本来は、自宅の庭や玄関先でおがらを焚き、その煙にのってご先祖様が帰ってくるとされている。ただ、現代の住宅事情では伝統的な方法を実行できないことも。マンションの場合は使用規定などを確認し、管理者の許可が出れば共用の庭やエントランスを出た先などで行なう方法もある。おがらは意外と炎と煙がよくたつので、短く折って小さな日で短時間焚く程度にとどめる。その際、床や地面を汚したり傷つけたりしないよう、「ほうろく」という素焼きのお皿を使う。ほうろくの上で火を焚くと後の処理も簡単。

Q.お盆にもお墓参りに行くべきなのでしょうか?
A.「ご先祖様は自宅に帰ってきているから、お墓は留守のはず」という考え方もあるが、お盆は本来、故人を供養する期間。地域によっていろいろな風習があるが、供養という意味でもお墓参りは行なった方がよいだろう。できれば、お盆期間の前にお墓の掃除などを済ませておき、当日はお墓やお供え物を供え、線香を焚いてお参りするのが理想的。

Q.お盆用品はどうやって処分すればよいのでしょうか?
A.新盆で使う白紋天(白提灯)やお供え物は、川や海に流したり、燃やしたりして処分する地域もあるが、最近は家庭ごみとして捨てるのが一般的になりつつある。紙などに包んで他のごみとは区別し、地域のやり方で処分するのがいいだろう。

■お盆にも欠かせない仏事グッズ、売れ筋TOP5

お墓参りに欠かせない線香やライターをはじめ、季節の仏事に欠かせない仏事グッズを幅広く取り揃える同社webshopの2016年5月の売り上げランキングは次の通り。

1位 墓参ライター3本ジェット炎 788円(税込)

2位 【ギフト用線香】花くらべ 桜/一葉/紅梅/椿(甘・優)和紙の紙筒5本セット 5400円(税込)

3位 【ギフト用線香】宇野千代のお線香 特撰淡墨の桜 塗箱短10入 5400円(税込)

4位 煙の少ないルームインセンス『凛』-清々しい柑橘系の香り- 1080円(税込)

5位 新盆セット盆提灯(4点セット) 4082円(税込)

お墓参りの便利グッズや新盆用品もランクイン。お盆に必要なものを改めて確認してみるのもいいだろう。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/7(日) 11:04

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。