ここから本文です

イスコ、若手の台頭で放出対象に。ポグバの代役探すユーベ移籍か

フットボールチャンネル 8/7(日) 7:00配信

 ユベントスはついにレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコの獲得に乗り出すかもしれない。5日付のスペイン紙『アス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 マドリーは中盤をさらに補強するため、余剰人員となるMFを1人放出すると見られている。ジネディーヌ・ジダン監督は主力の不在が続く中で必死のアピールを続ける新星マルコ・アセンシオをチームに残したいと考えており、放出されるのはイスコかハメス・ロドリゲスのどちらかになるようだ。

 しかし、フロレンティーノ・ペレス会長がJ・ロドリゲスの復活に期待していることからイスコの売却が濃厚となっている。そして同選手の移籍が決まりしだい、チェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチやニューカッスルのフランス代表MFムサ・シッソコの獲得に乗り出す。

 一方のユベントスは長く狙い続けてきたイスコを確保する千載一遇のチャンスを逃すまいとタイミングをうかがっている。マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が濃厚なポール・ポグバの後釜としてスペイン代表のテクニシャンを迎え、絶対的存在が抜けた穴をミラレム・ピアニッチとともに埋めることができれば、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が理想とする4-3-1-2での戦いが実現する可能性も高まる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/7(日) 7:09

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。