ここから本文です

Hey! Say! JUMP知念侑李、“甘えん坊の人見知り”は初主演映画『金メダル男』で輝くか?

リアルサウンド 8/7(日) 6:10配信

 ウッチャンナンチャンの内村光良が原作・脚本・監督・主演を務める映画『金メダル男』。2016年10月22日に公開予定であるこの作品は、2006年公開の『ピーナッツ』、2013年公開の『ボクたちの交換日記』に続く、内村監督3作品目だ。その『金メダル男』で、内村とW主演を務めるのがHey! Say! JUMPの知念侑李である。知念は今回が初の主演映画。内村が主人公の30歳以降の壮年期を、知念が30歳までの青年期を演じ、2人1役に挑戦する。

 『金メダル男』は、2011年に上演された内村の一人舞台『東京オリンピック生まれの男』が元となっている。東京オリンピックの開催に日本中が沸いていた1964年、長野県塩尻市に生まれたのが主人公・秋田泉一。小学生の時に運動会の徒競走で1等賞を獲った彼は、その幸福感に取り憑かれてしまう。それ以降、絵画や書道、火起こし、大声コンテスト、鮎のつかみ取りまであらゆるジャンルで1等賞をゲットし続け、「塩尻の金メダル男」と呼ばれるまでに。しかし、中学校以降1等賞が取れなくなっていく。挫折や失敗を重ねながらも人生経験を積んでいくという内容だ。

 “内村の集大成”とも言われている『東京オリンピック生まれの男』を元にした思い入れのある作品に知念を起用した理由はいくつかある。一つは、過去に共演した現場スタッフから「親子に見える」と言われたことだ。内村は、実際このようなコメントをしている。

「最初、僕の若いころは誰に演じてもらおうか、ずっと見当がつかなかったんです。そんなときに、スタッフから、知念くんの名前が挙がってきて。そういえば撮影現場で、親子に見えるなんて言われていたことを思い出して、そのときにふたりでひとつの役をできるなとイメージできました」(出典:『金メダル男』公式サイト)

 そして二つめは、内村と知念の馬が合ったこと。内村はもともと若手芸人に目をかけることが多いが、知念は「超」がつくほどの人見知りだ。ドラマの現場で共演者やスタッフに話しかけてほしくない故に、床に貼られていたガムテープをひたすら眺め続け、“話しかけるなオーラ”を出していたという「ガムテープ事件」はファンの間で有名である。さらに以前、ラジオ番組『Hey! Say!7 Ultra JUMP』(文化放送)にて、プライベートでビデオカメラを購入する際はメンバーの薮宏太に全て任せ、食事のオーダーをする際はメンバーの有岡大貴にやってもらう、というエピソードを披露していたほど。

 しかし、一度心を開いてしまえば知念は可愛らしい容姿を最大限活かし、何でも人にお願いしてしまう。Hey! Say! JUMPのメンバーも「知念なら許せる」と言うほど甘え上手なキャラなのだ。もしかすると内村ともそんな関係を築いているのかもしれない。一方で、知念も幼少期の泉一と同じく何でもできてしまう天才タイプだ。歌にダンス、作詞、演技、声優、バラエティなど、様々な仕事をこなしている。内村と共演している『スクール革命!』(日本テレビ系)でも、ビリヤード素人にも関わらず難易度が高い技を8回目で成功させるというミラクルを起こしている。時間にしてたったの7分30秒での成功であった。何でもそつなくこなしてしまう才能は、主人公を演じる上でとても大きな武器になるだろう。

『金メダル男』は、出演者が豪華なことでも話題になった。キャストは木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子、笑福亭笑瓶など名だたる俳優陣が出演するのだ。『金メダル男』の撮影でベテラン勢に支えられ、知念は持っている才能を発揮できたのだろうか。また、人見知りせずに撮影を楽しめたのだろうか。映画公開後のプロモーションで撮影の裏側を聞けることを楽しみにしたい。

高橋梓

最終更新:8/7(日) 6:10

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。