ここから本文です

クリントンを襲う新たなネガティブキャンペーン

Wedge 8/7(日) 12:12配信

 今回のテーマは、「全国党大会の評価と新たなネガティブキャンペーン」です。共和・民主両党の全国大会が終了し、いよいよ本選に突入しました。全国大会後に実施された米CNNテレビの世論調査(16年7月29日-同月31日実施)によりますと、前国務長官のヒラリー・クリントン候補の支持率が52%、不動産王ドナルド・トランプ候補のそれが43%で、クリントン候補が9ポイントリードしました。

 本稿では、一体感、好感度、米軍最高司令官、文化的多様性及びメッセージ性の5つの基準から、両党の全国党大会を評価します(図表1)。さらに、本選における非従来型ネガティブキャンペーンについて述べます。

一体感

 共和党全国党大会の演説で、トランプ候補のライバルであったテッド・クルーズ上院議員(共和党・テキサス州)が、誰に投票をするのかは良心に任せると発言して、同候補支持を表明しませんでした。クルーズ上院議員は、同候補が求めている宗教保守から厚い支持を得ています。

 一方、民主党全国大会では、クリントン候補と激しく戦ったバーニー・サンダース上院議員(無所属・バーモント州)は、自身の支持者に向かってクリントン支持を訴えたのです。周知の通り、サンダース上院議員は同候補が呼びかけている若者から圧倒的な支持を得ています。2人の上院議員の対応が、党の団結において分岐点になったのです。

 サンダース上院議員に加えて、民主党全国大会ではビル・クリントン元大統領、バラク・オバマ大統領、ジョー・バイデン副大統領など大物の「まとめ役」が党の結束を図りました。その結果、100%の一体感ではなかったものの、団結を演出できた民主党に軍配が上がったと言えるでしょう。

好感度

 2016年米大統領選挙は、好感度の低い候補者同士の戦いになりました。共和党全国大会でトランプ陣営は、トランプ候補の好感度アップを狙い、娘や息子に同候補の人間性について語らせたのです。

 一方、クリントン陣営は、夫のクリントン元大統領がクリントン候補に関するストーリーを交えながら、彼女の人間らしさについて演説を行ったのです。同候補も、ストーリーテリング(物語を語る)の手法を用いて、両親のストーリーを語り、好感度の向上を狙いました。

 米ギャラップ社の世論調査(16年7月1日-同月27日実施)によりますと、若者(18-29歳)のクリントン候補に対する好感度は31%です。ちなみに、オバマ大統領のそれは65%、サンダース上院議員は64%です。そこで、同候補は、特に未婚の女性と若者に対する好感度のアップに焦点を当てています。12年米大統領選挙において、オバマ大統領は出口調査で若者の60%を獲得しました。今回の選挙でクリントン候補は、その数字に到達することが困難であると判断した場合、若者の支持率のマイナスを補う必要があります。

 東部ニューハンプシャー州コンコードで戸別訪問を行った際、クリントン支持の中高年の白人女性が、共和党支持の夫がジョン・ケーシックオハイオ州知事以外の候補が共和党指名を獲得した場合、クリントン候補に投票をすると語っていると筆者に教えてくれました。同候補には、トランプ候補に反対する共和党の中道左派の票を奪い、若者の支持率のマイナスを補うという選択肢があります。

 とはいえ、女性、ヒスパニック系、アフリカ系、若者及び同性愛者から構成された「異文化連合軍」の票を組み合わせて勝利を収めたいクリントン候補にとって、若者の票は不可欠なのです。本選でクリントン陣営は、高校や大学に出向き支持拡大を目的とした選挙運動を展開するでしょう。すでに、激戦州バージニア州北部のクリントン陣営には、ジョージメイソン大学担当の有給のスタッフが働いています。

1/2ページ

最終更新:8/7(日) 12:12

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン